ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS カトリーナ災害の報道に検証はされないのか?

<<   作成日時 : 2005/11/24 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

いつのまにやら、カトリーナの事件の狂騒はどことやら。
今回はカトリーナ報道の虚実に関して、面白いサイトを発見しましたので、紹介します。


カトリーナ神話からの訣別


引用開始
---------------
虚構: カトリーナはアメリカ史上最悪の自然災害である。
真相: カトリーナによる犠牲者の数はアメリカ史上6番目である。

Galveston Hurricane [1900] − 8,000人
Okeechobee Hurricane [1928] − 2,500人
Johnstown Flood [1889] − 2,200人
Cheniere Caminanda Hurricane [1893] − 2,000人
Sea Islands Hurricane [1893] − 1,500人
Hurricane Katrina [2005] − 1,100人


虚構: 避難所(スーパードーム)は無法地帯となり殺人や強姦が多発した。
真相: 強姦があったという事実はない。殺人もゼロである。

虚構: 避難者達は空腹のため死体を食べ始めている。赤ん坊が強姦され虐殺されている。武装したギャングが避難所内で暴虐を働いている。救助ヘリに発砲。医者や州兵が狙撃される。等々。
真相: 全て嘘である。

虚構: 避難所の地下にある冷凍室に数百もの死体が安置されている。
真相: 避難所内の死体の数は6。その内自然死が4、麻薬の過剰摂取が1、自殺が1。

虚構: ニューオリンズ市長「犠牲者は1万人に達する恐れ」
真相: ルイジアナ州全体での犠牲者数は964人。

虚構: 連邦政府の対応が遅れた。
真相: 過去のハリケーンへの対応と比較すると同等か又はそれ以上の対応の速さであった。
連邦政府の対応はハリケーン・ヒューゴの時よりも速く、ハリケーン・アンドリューの時よりも速く、ハリケーン・イニキの時よりも速く、ハリケーン・ジーンの時よりも速かった。
例えばアンドリューの時に大勢の州兵が被災地に到着するのに5日かかったが、カトリーナの時は3日で被災地に大勢の州兵が到着した。


虚構: ブッシュ大統領が予算を削減したために被害が大きくなった。
真相: 逆に予算は増やした。クリントン政権下の最後の5年間でのニューオリンズ堤防プロジェクトの合計予算は1億9500万ドルだったの対し、ブッシュ政権下での5年間の合計予算は2億7640万ドル。

虚構: ニューオリンズ堤防再建プロジェクトを完成させていれば堤防決壊の惨事は防げた。
真相: 計画は堤防を補強する物であり、今回決壊した堤防は既に補強工事を終えていた。
----------------------
引用終了

http://nullpo.2log.net/home/boj/archives/blog/main/


私自身、全てを検証した訳ではありませんので、これら全てを事実と断定する訳にはいきません。
だが、これが本当ならば、あのブッシュ批判は何だったのでしょうか?
メディアには今一度、検証を行って欲しいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ニューオリンズ・カトリーナ・アメリカ
カトリーナ襲来から3ヶ月。 未だ6000人以上が行方不明。 低所得者などは取り残されたままであった… ...続きを見る
PCインストラクターの憂鬱
2005/12/14 02:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カトリーナ災害の報道に検証はされないのか? ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる