ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 11月23日のニュース23に思ふ Part3

<<   作成日時 : 2005/11/27 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

ああいさん、アッウェさんのご批判を頂きましたので、早速検証してみます。
まず、簡単に3つの調査結果を並べてみます。

2005年 9月12日−9月15日
アンケート総数: 919

In general, how much trust and confidence do you have in the mass media - such as newspapers, T.V. and radio - when it comes to reporting the news fully, accurately, and fairly - a great deal, a fair amount, not very much, or none at all?

設問) 一般的に、ラジオ・新聞・TV等のマスメディアをどの程度信頼していますか?

Great deal (とても信頼している) 12.92% 119票
Fair amount (まぁまぁ信頼している) 36.80% 338票
Not very much (あまり信用していない) 37.57% 345票
None at all (殆ど信用していない) 12.04% 111票
DON'T KNOW (わからない) 0.49% 5票
REFUSED (回答拒否) 0.18% 2票


■ 2005年5月23日−5月26日に実施された調査
アンケート総数: 1004

*上記はラジオ、新聞を含めた「マスメディア」でしたが、5月に実施された調査結果は「テレビ」に限定されています。質問内容は上記とほぼ同じです。

A great deal (とても信頼している) 12.56% 126票
Quite a lot (信頼している) 16.34% 164票
Some (少しは信頼している) 45.32% 455票
Very little (あまり信頼していない) 23.57% 237票
NONE (全く信頼していない) 1.59% 16票
DON'T KNOW (わからない) 0.45% 5票
REFUSED (回答拒否) 0.16% 2票

同様の「新聞」に限定された調査も5月23-26日に行われています。
調査結果を挙げますと、

A great deal (とても信頼している) 10.75% 108票
Quite a lot (信頼している) 17.02% 171票
Some (少しは信頼している) 46.11% 463票
Very little (あまり信頼していない) 24.09% 242票
NONE (全く信頼していない) 1.47% 15票
DON'T KNOW (わからない) 0.56% 6票
REFUSED (回答拒否) 0.00% 0票
アンケート総数: 1004

確かに、TBSの使っていたデータはギャラップ社5月の調査とあり、A great deal, Quite a lot, Someを「信頼している」と看做せばTBSがフリップで使用したデータ通りです。
11月26日のエントリーでは、「TBSの恣意的な数値操作?」という事を書きましたが、ご指摘の通り、ピーノの検証不足から来た勇み足でした・・。気をつけねば!!
ああいさん、ありがとうございました。

さて、ギャラップ社の数値ですが、5月の両調査を比べると、どちらもSomeが全体の半数近くを占めて居る事がわかります。A great deal及びQuite a lotの数値が3割に満たないという事も鑑みれば、単純に「信頼している」とは受け取れないのではないでしょうか。

それに、次の様な調査結果が出た場合ですが、

とても信頼している 40% 
信頼している 20% 
少しは信頼している 5% 
あまり信頼していない 15%
全く信頼していない 10%
わからない 10%

ニュース23的分析法だと、信頼度は65%となり、上記の2つの調査結果よりも「信頼度が低い」となってしまいます。何かおかしくありませんか?


9月の調査では「マスメディア」と包括して調査を行っていますが、新聞、テレビと分けて行ったからと言って、意識はそう変化するものではないかと思われます。

9月の調査と5月の調査の違いは、回答項目です。
Some が無い代わりに Not very much とどちらかと言うと信頼に否定的な回答になっています。
5月のSome派がメディアの信頼性に肯定的な意見と否定的な意見にここでくっきりと分かれています。ここでの「信頼している」は約50%となっています。
* ちなみに、このマスメディアの信頼度調査は30年以上前から行っており、1990年以降は信頼度が50%付近でそれ程変化はありません。
具体的な数値はここで羅列しませんが、要望があればアップします。(ギャラップ社の規定に違反しない限りで・・)

だらだらと数値について書いてきましたが、何が言いたいのかというと、
@ このギャラップ社の調査は「信頼の度合」の調査であり、「信頼する」か「信頼しない」かという二者択一の調査とは性格が異なるということ(性質の異なる調査でもって白黒を単純に結論付けるのはいささか乱暴すぎる)。
A ギャラップ社の調査から読み取れる事は、この10年でブログを始め情報を取り巻く環境は大きく変化しているが、メディアに対する信頼度はそれ程変化している訳ではない。
B メディアに対する信頼度はSomeやNot very muchのパーセンテージに象徴される様に、一定の信頼を置きつつも批判的に見ているということ。

以上、ギャラップ社の調査結果に関して書きましたが、これはあくまでも米国内の調査です。
日本独自の調査はといえば・・読売新聞が9月17、18日の調査でしょうか。

こちら挙げておきますね。

多メディア時代でも「新聞必要」91%…読売調査(読売新聞)

 15日から始まる新聞週間を前に、読売新聞社が実施した全国世論調査(面接方式)で、インターネットなどが普及した多メディア時代になっても、「新聞は必要だ」と考える人が91%に達するなど、国民の大半が情報収集の手段として今後も、新聞の役割を重視していることがわかった。

 調査は9月17、18の両日に実施。報道に対する信頼度では、新聞を「信頼できる」と答えた人は86%に上った。テレビは61%。国民の人権やプライバシーを侵さないように気を配っているかどうか——でも、「気を配っている」は、新聞が72%で、テレビ44%を大きく上回った。

 世の中の出来事を正確に知ったり、必要な知識を得るために役立っているメディアを三つまで挙げてもらったところ、「一般の新聞」81%が最も多く、「NHKテレビ」67%、「民放テレビ」40%——などが続いた。

 2001年の同様の調査と比べると、「一般の新聞」は2ポイントの微減だったのに対し、「NHKテレビ」は14ポイント減、「民放テレビ」は12ポイント減と大幅に減った。

 また、社会に対する影響力でも「一般の新聞」63%がトップだった。

[読売新聞社:2005年10月13日 19時16分]

ニュース23に関して、改めて思うのは、「情報の分析が乱暴で稚拙過ぎる。」という事。
私自身、先日の記事では「最近のメディアの傾向」=「捏造」という構図を自らの中に作ってしまって、早まった分析をしてしまいました。

Blogよりも影響力があり、Blogの様に批判・訂正がすぐには行われないメディアだからこそ、
偏った解釈をするのではなく、より多面的に情報を分析して欲しいものです。


ギャラップ(Gallup)社のホームページはこちら。
http://brain.gallup.com/

調査結果は登録しないと閲覧出来ませんが、
30日間の無料お試し登録が出来るので、興味がある方はどうぞ!
登録後すぐに閲覧出来る様になります。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ホームページ
ホームページホームページ (homepage)とは、ウェブサイトの入り口にあたる部分を指すウェブページである。「ホームページ」の用法には現在でも揺れが見られるが、おおよそ以下のように分類できる。 Webブラウザを起動したときや、多くのブラウザに存在する「ホーム」ボタンを押したときに表示されるウェブペ... ...続きを見る
インターネット
2005/11/27 04:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
5月23日−26日のギャラップ社の調査についてオマケです。

実はこの調査はMid-May Economic Pollと題された米国内の様々な機関の信頼度調査でした。

項目の中には、
The Church or organized religion
The Military
The U.S. Supreme Court
Banks
The public schools
The Presidency
などなど、多岐に渡っています。
この中に新聞、テレビがあった訳です。

さて、面白いのはPresidencyですが、

A great deal 20.95% 210票
Quite a lot 23.37% 235票
Some 27.14% 272票
Very little 24.93% 250票
NONE (vol.) 3.08% 31票
DON'T KNOW 0.47% 5票
REFUSED 0.04% 0票

ピーノ
2005/11/27 03:16
(続き)

これを先程のニュース23の分析法で当てはめると、
「現大統領ブッシュを含む「大統領」に対して、70%以上の人が信頼している」と考えているという事になりますね。

* まぁ、ブッシュの業績に対する調査は、このMid-May Economic Pollの中にもあり、賛成、反対が半々といったところでしたがw
ピーノ
2005/11/27 03:16
ブログの中で面白い意見を発見しましたので載せておきます。
あくまでも総体としての「信頼度」に拘るのなら、こちらの分析法がより精度が高いでしょう。


28417 : : November 28, 2005 04:18 PM度合いを回答する質問の場合、回答カテゴリーに点数を持たせ、加重平均でスコアを計算します。
例えば、大変信頼する(3点)、かなり(2点)、多少信頼(1点)、あまり信頼しない(マイナス1点)、全く信頼しない(マイナス2点)。
なお、None(全くしない)は、回答選択肢で設定されていると思います。
上記点数で、加重平均をとってみました。
軍2.0、警察1.7、宗教団体1.5、銀行1.5。信頼度が高いグループです。
次のグループが、大統領1.1、医療機関1.1、最高裁1.2、学校1.1。多少信頼(1点)を超えている。
問題のテレビニュースは0.9、新聞も0.9で、「多少信頼している」より、信頼されない側に位置しています。
ピーノ
2005/11/29 00:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
11月23日のニュース23に思ふ Part3 ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる