ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「実名報道」に見るメディアのダブルスタンダード

<<   作成日時 : 2005/12/17 01:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

犯罪被害者は実名発表を キャスターらが申し入れ

 犯罪被害者の実名、匿名発表を警察の判断に委ねる政府の犯罪被害者等基本計画案をめぐり、鳥越俊太郎さんらテレビキャスターやジャーナリスト計21人が16日、この記述を削除、修正するよう求める緊急提言を内閣府に申し入れた。
 提言は、(1)実名発表がされないと犯罪の背景や事実確認の検証、調査が困難となり国民に真実が伝わらない(2)原因究明に支障が生じ、事件の再発防止に影響を与える(3)捜査ミスや怠慢隠しのために恣意(しい)的に使われる可能性がある−と指摘。
 「報道機関側も名誉、プライバシーに十分配慮して取材報道するようガイドラインの整備などに努力している」とし、自律的な判断を信頼してもらいたいとしている。
(共同通信) - 12月16日19時2分更新

犯罪被害者でなく、犯罪者の実名報道をきちんとやってくださいね。
犯罪者の実名発表がされないと犯罪の背景や事実確認の検証、調査が困難となり国民に真実が伝わらないですし、原因究明に支障が生じ、事件の再発防止に影響を与えるのですから。


以下、特定メディアの華麗なダブルスタンダードをご覧あれ。

朝日新聞
2005年11月29日

パチンコ会社代表を5400万円脱税の容疑で逮捕

パチンコ会社代表を5400万円脱税の容疑で逮捕
 法人税5千万円余りを脱税したとして、神戸地検特別刑事部は29日、神戸市灘区のパチンコ店経営会社「クレド」の代表取締役関敬瀧容疑者(42)=同区宮山町2丁目=を法人税法違反の疑いで逮捕し、大阪国税局と合同で会社事務所や自宅などを捜索した。

 調べでは、関容疑者はパチンコ店を開店した02年4月から03年10月までに、売り上げの一部を除外するなどして、約1億8500万円の法人所得を隠し、法人税約5400万円を脱税した疑い。同容疑者は容疑を否認しているという。

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200511290039.html

同記事ですが、
日経ネット関西版はこう報じていました。

【2005年11月29日】
パチンコ店経営者、5400万円脱税容疑──神戸地検が逮捕(11月29日)

パチンコ店経営者、5400万円脱税容疑──神戸地検が逮捕
 法人税約5400万円を脱税したとして、神戸地検は29日、パチンコ店経営会社「クレド」社長、金浩二容疑者(42)=神戸市灘区宮山町2=を法人税法違反の疑いで逮捕するとともに、大阪国税局と合同で金容疑者の自宅などを家宅捜索した。容疑を否認しているという。

 調べによると、金容疑者は売り上げを管理するコンピューターのデータを改ざんする手口で、2003年10月期までの2年間に約1億8000万円の所得を隠し、法人税約5400万円を免れた疑い。

 同国税局は今年2月に強制調査(査察)を実施。関係者によると、脱税した金は従業員名義の口座に預金していたという。

 クレドはJR東海道線六甲道駅前にあるパチンコ・パチスロ店を経営している。


http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/30149.html

* 元ネタはmurmur氏のブログより引用
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50243158.html


・・・実名報道が全く出来ていませんね。


ちなみに、は本日報道された食材の不法投棄の事件です。

ピーノは第一報を聞いた時に「犬肉?」「犬肉を食べる習慣なんて無い日本で何故犬肉が??」と疑問に思いました。
調べてみたら、こんな記事が見つかりました。
2ちゃんねるでも早速祭りになっている模様。

犬頭部30個…食肉業者「捨てた」

 16日午後1時50分ごろ、東京都葛飾区小菅の東京拘置所外側にある堀に、犬とみられる動物の頭部約30個が沈んでいるのを通行中の女性が見つけて交番に届けた。

 近くに住む食肉業の韓国籍の男性(82)が、共同通信などの取材に対し「食肉用に輸入した犬の頭を処分に困って捨てた」と話した。警視庁亀有署は、廃棄物処理法違反の疑いがあるとして男性から任意で事情を聴いた。

 男性によると、正規の許可を得て、中国・大連から頭と胴体が切断された冷凍状態で食肉用として輸入。胴体は食用として既に売れたが、精力剤などに使う頭が売れ残り、10月下旬ごろ「堀にいるコイの餌になる」と考えて捨てたという。
[ 2005年12月16日 22:33 速報記事 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20051216050.html

この事件に関して、ニュース23を含め(これは実際に番組を見ていたので)他のメディアは実名はおろか、国籍までスルー。

せめて上記の報道みたいに韓国籍と付け加えておけば、韓国には犬肉を食べる習慣があるから、食材として輸入してたのだな。と背景が想像出来ますが、それすら報道しなければ、
「食材と言ってるけど、そもそも日本には犬食文化は無いよ。実は猟奇事件で、単なる言い逃れじゃないのか?」
「犬肉を牛肉と偽装して売っていたんじゃないの??」
と要らぬ疑惑が膨らんでしまうのです。

産地偽装や狂牛病問題で敏感になっている今だからこそ、こういう事件に対してはきちんと「実名報道」で疑惑を晴らす必要があるのではないのでしょうか?


被害者実名報道したがるマスコミの魂胆
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200510240035.html

ここでも書かれていますが、昨今のメディアが掲げる被害者実名報道の要求は既得権益の拡大としかピーノには見えません。
結局、被害者を悲劇のヒーロー、ヒロインとして取り上げ、日本人好みのお涙頂戴記事で視聴率や部数拡大を狙ってるだけなんじゃないの?

被害者の実名報道よりも先にメディアがすべき事は、犯罪の実名報道を徹底し、読者に犯罪の背景をきちんと説明すること。
韓国、朝鮮籍の通名報道は金輪際やめて頂きたい。
犯罪を起こした人間がいかなる日本人、外国人であれ、きちっと「実名報道」すること。
メディアが今でも実名報道=差別に繋がるという思想があるとすれば、それ自体が日本人に対する偏見なんじゃないの?

被害者の実名報道要求はそれが出来てから要求してください。



【 訂正 】

■ 犬頭部30個…食肉業者「捨てた」 事件に対して訂正
記事を書いた段階では「事情聴取」であり、書類送検や逮捕までいっていないので「報道」実名が出ないのは当然でした。

しかし、その後の追跡記事自体が無くなってしまった様に感じるのは私だけでしょうか。
ただ、これも週末を挟んでの事なので、単に休んでいるだけなのかも。

最近、どうもメディアに対しては疑いを持ってしまうピーノですが、以下の様な構図では無い事を、杞憂であることを願っています。

当初のシナリオでは、犬の頭部を多数捨てた「猟奇的事件」として「日本の社会はどこか歪んでいる」というストーリーに沿って居た。しかし、調べていく内に実は韓国籍である事が発覚。
報道すると、民団やら総連の「差別感を助長する」という抗議がかかってくるので、デスクの判断で後追いはやめろと記者に指示が飛ぶ・・。

 

■ 犬食文化について訂正

元々、日本には犬食は禁じられていたそうです。
飛鳥時代に国家鎮護の法として仏教が伝来すると、朝廷は殺生を固く禁じるようになった。676年(天武天皇4年) 4月17日の肉食禁止の詔は、ウシ・ウマ・イヌ・ニワトリ・サルの五畜の肉食を禁じている。
シカやイノシシは害獣として「食」することを認められていたとの事。
今でも惣菜等、野菜料理が多いのは仏教の影響でしょうね。

しかし!精神的支柱としての宗教は仏教だけではありませんでした。
そう、神道です。

一般の常識では、神道は、獣肉を食べることを穢れとして忌避したというが、神道は元来、肉食を禁ずるということはないそうです。

ゆるゆるの戒律の神道が仏教と混在しており、おかげで江戸期まで牛を始めイヌ等の肉食は庶民から武士階級まで広く行われていた模様。
ただ、イヌ食は日本の文化にまで発展することはありませんでした。

* イヌ食が文化まで発展しなかったのは、仏教の影響なのか、わざわざイヌを殺さなくても他に「肉」があったからなのか、それはピーノにわかりません^^;

<参考サイト>
日本における肉食の歴史
http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-59.htm


==== 続報 ====

昨日の20時の時点で掲載されていたみたいですが、ピーノのチェック漏れでした。
こちら朝日新聞の論調です。

水路に犬の頭部29個 食肉業者「処分困り、捨てた」
2005年12月16日20時34分

 16日午後1時50分ごろ、東京都葛飾区小菅1丁目の東京拘置所近くを流れる水路に、犬とみられる動物の頭部が大量に捨てられているのを通行人が見つけ、近くの交番に届けた。警視庁亀有署が調べていたところ、現場近くの食肉業者の男性(82)が名乗り出て、「処分に困り、コイのえさになると思って捨てた」と認めたため、同署は廃棄物処理法違反とみて容疑が固まり次第、書類送検する。

 調べでは、この業者は10月20日午後9時ごろ、仕入れたものの売れ残った食用犬の頭部を2回にわたって水路に投棄したという。見つかったのは29個の成犬の首で、一部は白骨化していた。

 業者は8年ほど前に中国から食用犬肉を輸入しはじめ、中国料理店などに卸していたという。これまでは売れ残ったものは有料ゴミとして出していたが、苦情が出るようになり、処分に困って水路に捨ててしまったらしい。


http://www.asahi.com/national/update/1216/TKY200512160307.html

中国料理店?? 中国系なのかな?とも思わせる記事ですね。


東京新聞は韓国籍と報じていました。

食用犬の頭部29個を捨てる
葛飾、業者から聴取
 十六日午後一時五十分ごろ、東京都葛飾区小菅一、東京拘置所の北側にある水路で、「犬の頭のようなものがたくさんあって気持ち悪い」と、女性が交番に届け出た。警視庁亀有署員が確認したところ、犬とみられる動物の頭部二十九個が水路の底に沈んでいるのが見つかった。

 足立区の輸入販売業の韓国籍男性(82)が同八時すぎ、同署に電話で「自分がやった」と申し出た。同署は廃棄物処理法違反の疑いで、男性から任意で事情を聴いている。

 調べでは、男性は食肉用の犬の胴体と頭部を中国から輸入。精力剤などに使う頭部が売れ残ったため十月二十日ごろ、二度に分けて自転車で運んで捨てたという。男性は「初めは有料ごみに出していたが、近所に苦情を言われて処理に困って捨てた。水路のコイのえさになると思った」と話しているという。

 水路は幅約八・五メートル、水深約四十−五十センチ。見つかった頭部は腐敗が激しく、縦約二メートル、横約一メートルの範囲にまとめて捨てられていた。

 現場は東武伊勢崎線小菅駅近くの住宅街。


http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20051217/mng_____sya_____012.shtml



犯罪被害者の実名、匿名発表に関して、被害者側の意見です

被害者の会が意見交換会 実名・匿名めぐり報道側と

 政府の犯罪被害者等基本計画検討会が被害者支援の基本計画案に「被害者の実名を公表するかどうかは警察の判断に委ねる」とする項目を残したことを受け、「全国犯罪被害者の会」の関東地区のメンバーら約20人が17日、報道関係者と都内で意見交換した。
 冒頭、同会幹事で孫の女児を殺害された松村恒夫さんは「実名か匿名かを決めるのは、警察でもマスコミでもなく被害者側ではないか」と指摘。ほかのメンバーからも「なぜ実名が必要なのか」「加害者よりも被害者側ばかりが報道被害に遭っている」などの意見が相次いだ。

(共同通信) - 12月17日17時59分更新





“犯罪被害者”が報道を変える
“犯罪被害者”が報道を変える

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
神奈川県警の発表方針はどうでしょうか?
毎日新聞の臺記者の情報によると,神奈川県警では,事件事故を発表する際,匿名での報道を希望する被害者については,その旨の注意書きが付記されるという。これは,とってもバランスがとれた解決方法のような気がする。 ...続きを見る
情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士
2005/12/18 15:17
豊作野菜の「産地廃棄」見直しへ…農水省が検討委
 農林水産省が「産地廃棄」の見直しの検討を始めたという今日の記事より。 (引用記事は、下部に掲載) ...続きを見る
総合情報ニュース徒然草
2007/02/07 16:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「実名報道」に見るメディアのダブルスタンダード ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる