ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「嫌日流」の話題

<<   作成日時 : 2005/12/21 00:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

とうとう、韓国で嫌韓流に対抗した作品「嫌日流」の表紙が公開されました。
どの様な作品になるのか、楽しみですね。

まず、「マンガ嫌韓流って何?」という人はこちらを。

===============

日韓問題(竹島、韓国併合、歴史教科書問題等々)について、主に大韓民国を批判する観点から描かれる。漫画という親しみやすい媒体を用いる事によって、それまで韓国に対して特に関心を抱いていなかった人達に対し、作者の考える『韓国に対する正しい認識』を啓蒙しようとしており、その内容はインターネット上のウェブサイトで掲載されていた韓国の情報や、韓国に批判的な人々の間では常識とされてきた事実・意見より成る。例を挙げれば、日韓ワールドカップにおける誤審(からなる買収疑惑)の紹介などは、webサイト「知らされなかった韓国サッカーの“裏側”」を写真解説からの模写当然の内容である。また、コラムには西尾幹二や西村幸祐、大月隆寛、下條正男などの著名な保守系論客から寄稿を受けている。なお、韓国に肯定的な人々からも、日韓における諸問題において「内容」それ自体を、文献などの物的証拠を持って、論理的に否定する反対意見は一切されない事は、注目すべき点である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

===============

上記にもありましたが、今まで内容に関しての「具体的な反論」はありませんでした

ウェブ上では細々と反論を載せているブログもありますが、あまり検証自体が進んでいませんね。
殆ど感情論ばかり。

それもそのはず。何故なら、「嫌韓流」は読めばわかりますが、これは「打倒韓国!」といった煽り本などでは無く、マスコミ批判本だからです。
マスコミが「友好」の美名の下に伝えなかった「事実」を討論形式のストーリーで明らかにしていっているだけなのです。
元々「事実」を載せているだけに、その事実を覆す証拠が無いと反論が出来ないのは当然でしょう。

* こちらは頑張って反証しているブログですが、作業が進んでいませんね。

脱・マンガ嫌韓流
http://wiki.fdiary.net/rir6/?%C3%A6%A1%A6%A5%DE%A5%F3%A5%AC%B7%F9%B4%DA%CE%AE



この様に国内の言論人が押し黙る中、さすが本場韓国!マンガ家が立ち上がったみたいです。
ピーノは別にマンガで対抗してくれなくてもいいのですが、嫌韓流の内容に関して、「本格的な反論」
が読めるかと楽しみにしています。

さて、件の記事ですが、紹介しましょう。
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/7075a3bff267abff774eb21d5ffa5971 厳選韓国情報Blogから訳を転載しています。ピーノもエキサイト翻訳で内容をチェックしています。文字の色付けは別)


【国民日報】金城摸(キム・スンモ)画伯 「嫌日類、精神力で描く

 「率直に、『嫌日流』はお金を儲けるための漫画ではありません。純粋な精神力で推し進めます」

 最近、漫画「嫌韓流」(山野車輪 作)に駁する漫画「嫌日流」を発行すると明らかにした漫画家の金城摸(36)さんは、嫌日流漫画は韓国漫画家の自尊心がかかった問題だと言った。

 金さんはクッキーニュースとの電話通話で、嫌日流の発刊を決心したきっかけを紹介した。

 「この夏に日本で嫌韓流が出てうるさかったでしょう。ところで、うちのネチズンたちが『嫌韓流に対応する人は金城摸しかいない』という意見を粘り強くあげますね。本を求めて読んで見たら、本当に出鱈目でした。韓国人として腹が立ちました」

 ここに、韓国人漫画家としての自尊心が嫌日流を描く決定打になった。

 「嫌韓流は漫画本です。同じ漫画に携わる人間として、じっと我慢することはありえないと思いました。先輩作家たちも反応が無かったのです。嫌韓流が漫画本で無かったら、嫌日流を描くことはなかったはずです」

 金さんの嫌日流出刊の消息が知られると、韓国と日本のネチズンたちは凄い関心を見せた。

 韓国ネチズンたちは「必ず買ってみるんです。ファイティング!」(ID:ss501joa)という人と、「3流マンガに生半可に正面対抗したって、良いことなど一つもない」(ID:歳)といった意見で分けられた。しかし大部分は「いや、こんな不十分に熟した林檎みたいな作家がいるか。まったく同じな良い人になりたい?」と言いながら冷ややかな視線を送ったことも事実だ。

 日本ネチズンたちも「こんなことまで盗作するのか」(ID:rtrnu7fU)、「有名な韓国漫画家のアホらしい企画」(ID:ohR0+P1Y)などと言いながら、数千件に達する非難文をこぼし出した。

 こんな指摘にも金さんは根強かった。

 「5ヶ月前から几帳面に嫌日流を企てました。ストーリーはもちろん、絵も興味本位ではなく、人を説得するために製作しています。漫画家として、日本の手練にやんわりと対抗したいだけです」

 金さんは、感情的な嫌韓流に比べ嫌日類は論理的に近付くと言った。韓日大学生たちの対話で独島問題を解くとか、写真資料などを積極利用して、韓日ワールドカップの勝負が操作されたという嫌韓流の歪曲された視覚を指摘すると言った。

 彼は来年の初め、独島と従軍慰安婦、韓日ワールドカップ、韓流熱風など皆4編で構成された1冊を出す方針だ。金さんは1冊の反応を見た後、後続の発刊を決める事にした。

 「私たち漫画界はこのごろ大変です。それでも、言うことは言って暮しますよ。嫌日流は漫画家としての自尊心を盛った作品になるはずです。見守って下さい」

 ものものしい作品と、ちょっと無茶な話の展開で話題を駆って通う金城摸画伯が果してどんな作品をお目見えするのか、注目される。

  国民日報 金上記記者 kitting@kmib.co.kr

http://www.excite.co.jp/world/korean/web/

また突っ込みどころ満載の記事ですね・・・



>嫌日流漫画は韓国漫画家の自尊心がかかった問題

漫画家のプライドの問題というより、真実はどこにあるのかという問題なのでは・・

>ストーリーはもちろん、絵も興味本位ではなく、人を説得するために製作

ストーリーと絵を説得に使うって、論理重視なんじゃ・・

感情的な嫌韓流に比べ嫌日類は論理的に近付く

「ものものしい作品と、ちょっと無茶な話の展開で話題を駆って通う金城摸画伯」の文脈からはあまり説得力が感じられませんけど・・


そして、作品の製作に要した期間は、

5ヶ月

はやっっっっ!

ちゃんと検証したのかいな・・
まぁ、内容も4編しか無いけどさ・・

何はともあれ、ピーノも楽しみにしています。
出版されればブログ上でも検証をしていきたいと思います。
邦訳もすぐにネットで出回りそうだからw



さて嫌日流の表紙はというと・・







画像




「感情的な嫌韓流に比べ嫌日流は論理的に近付く」


説得力!!!




===続報===


韓国DCニュースで2ちゃんねるの画面がそのままキャプチャされて掲載されて居ました。
これで記事が作れるなんて、向こうの記者さんは楽ですね〜。
それにしても、よく観察してますね。
韓国は2ちゃんねるを日本の世論と看做しているという事でしょうか?

■金城摸(キム・ソンモ)のマンガ『嫌日流』、日本ネチズンの反応は?(韓国語です)
http://www.dcinside.com/webdc/dcnews/news/news_view.php?code=ahh&id=39625




=====笑った小ネタ =====画像をクリックすると見やすくなりますよ。

画像




マンガ嫌韓流
マンガ嫌韓流

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『嫌韓流』の対抗馬、『嫌日流』
このブログでも何回か取り上げたけれど、嫌韓流が大変な物議を醸しているのはもはや周知の事実だろう。 でも、その事実も「インターネットに触れる人だけ」ということに限られてくる& ...続きを見る
Stratosphere -臨界点-
2005/12/21 01:44
A Korean who noticed in the Truth
翻訳掲示板が韓国で運営を開始し、双方向での議論が進むにつれ、隠された「真実」に気付き始めた韓国人が徐々に増えてきた様に感じます。 2月5日に書きましたとある韓国人から見た扶桑社教科書 のwesen_ver01氏もそうですが、スレッドを立てたきっかけも、扶桑社教科書を実際に読んでみて、韓国側の見方が事実と大きく食い違っている事に気付いた事でした。 ...続きを見る
ピーノの独り言
2006/02/07 00:25
日本人の嫌韓意識を煽るアメリカ大使館
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/09/post_1e2b.htmlわたしはきっこが提供する情報はありがたいと思ってるが、思想信条はまったく同意できないまぁ、それはさておきさすがに情報が早いな2ちゃんでもこのニュースが話題になってた正直、おいらも嫌韓流ブームやら中国に対する嫌悪感などはアメリカの陰謀ではないかと思わないわけではなかったがな嫌韓、嫌中意識が高まるのに嫌米意識は低いもんな ...続きを見る
ラサのブログ
2007/09/21 17:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「嫌日流」の話題 ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる