ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄教授問題が終わらない・・ - 買収・逆ギレ提訴 -

<<   作成日時 : 2005/12/27 14:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 【ソウル27日共同】韓国紙、朝鮮日報は27日、ソウル大の黄禹錫教授の胚(はい)性幹細胞(ES細胞)研究疑惑で、この疑惑を10月に韓国のMBCテレビに語った金ソンジョン研究員に対し、黄教授の研究チームの2人の教授が今年11月中旬以降、3万ドル(約350万円)を渡していたことが明らかになったと報じた。
 金研究員は3万ドルを受け取った後、YTNテレビとのインタビューで「MBCから黄教授が逮捕されると聞いて事実と異なる証言をした」と証言を覆しており、この報道が事実なら、黄教授は金研究員の告発を覆す目的で金を支払ったことになる
(共同通信) - 12月27日12時0分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051227-00000079-kyodo-int

次は朝鮮日報より。

【論文ねつ造】キム・ソンジョン研究員「父が3万ドル受け取った」

 キム・ソンジョン研究員は「父が尹賢洙(ユン・ヒョンス)、安圭里(アン・キュリ)教授から現金で3000万ドルを受け取ったのは事実」とし、「しかし受け取った事実も、いつ受け取ったのかも知らなかった」と話した。

 ソウル大学調査委員会によると、キム研究員は25日未明、調査委員会に3万ドルを預け、このように明らかにした。

 これと関連し調査委員会は、「この3000万ドルの出所と動機、目的などは調査委員会の調査範囲ではない」とし、「今後の検察の捜査で徹底して明らかにする事項であり、調査委側はただ保管しているだけ」と説明した。

朝鮮日報

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/12/27/20051227000026.html

原文をそのまま転載しましたが、3000万ドルは3万ドルの間違いでしょう。
記者の慌てっぷりが目に見える様ですね。

それにしても、買収疑惑まで出てきました。
捏造を認めたく無い韓国人の心情から、黄教授の問題はしばらくゴタゴタが続くとは思っていましたが、買収が明るみになるとは・・予想出来ませんでしたよ orz

他にも、様々な方面から「新たな嘘」が暴かれている様子。


黄教授「箸の技術」91年に日ですでに発表

黄禹錫(ファン・ウソク)教授チームの源泉技術として挙げられる
いわゆる「箸の技術」(絞り出す技術=Squeezing Method)はすでに10年前、
海外で発表された技術だという主張が提起された。
26日、ディーシーインサイド科学ギャラリーサイトによると、
日本の近畿大学角田幸雄教授が1991年、
日本繁殖技術会報に出した論文で初めて発表した技術だというもの。
この論文によると「ガラス針で極体部位の透明帯の一部を切開し、
卵子を固定用ピペットで固定したままガラス針で卵子を圧縮し、
極体周辺の細胞質を10〜30%圧出した」となっているが、
これは黄教授チームの「絞り出す技術」と同じだと同サイトネチズンは主張している。
また「角田教授は1992年、日本畜産会報に出した論文でもこの技術を使っており、
韓国でも1990年代初め高麗(コリョ)大でこの方法を活用して論文を出していることから、
黄教授チームでも使い始めたとみられる」とし
「もう数年前に論文に発表された技術を自分の固有のものであるように言うのは恥ずかしいこと」と主張した。
このネチズンは「黄教授の方法は2度ずつガラス針とピペットを変えて挟まなければならない煩わしさがあるが、
既存の方法に慣れた人々はどの方法を使っても同じような結果を得ることができる」とし
「核を安全にとり除くことは絞り出す方法ではなくてもいくらでも可能であり、
絞り出す方法が実はクローンの核心技術とは言えない」としている。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=71097&servcode=400&sectcode=400



ええっと・・

黄教授は「韓国の複製技術と箸使用の関連性はいつか記者から質問を受け、はっきりした返答ができなかったが、今、考えるとその話に妥当性があるようだ」と述べた。 実際に米国など先進国の大学も箸の使用技術と科学技術の相関関係について研究を始めたようだというのが黄教授の説明だ。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=64466&servcode=400&sectcode=400

こんなこともありましたよね・・これもでしたか。


韓国内の反応として、極めつけはこれでしょうか・・。

ソウル大学病院、シャッテン教授の提訴を検討

【ソウル25日聯合】世界幹細胞ハブを運営しているソウル大学病院が、ハブ設立に関与した米ピッツバーグ大学のシャッテン教授を相手取り、国内と海外で訴訟を提起することを検討している。
 ソウル大病院側は、シャッテン教授が2005年に発表した論文を根拠に、黄禹錫(ファン・ウソク)教授らとともに患者対応型胚性幹細胞(ES細胞)の作製技術があるかのように装い、ハブ設立を勧めたが、結果的に病院の名誉を棄損し深刻な損害を与えたと判断した。ハブ設立に向け病院側はこれまでに65億ウォンの資金を投じている。また、ES細胞作製技術がすぐに治療目的で活用できるかについて十分な検証過程を経ないまま患者の登録を受け付けたため、2万人余りの難病患者らがハブに登録しており、病院の名声に傷がついたとしている。

 病院関係者は「シャッテン教授は存在すら不透明なES細胞技術を基に『技術はある』と主張しハブ事業を提案した」と話しており、ソウル大の名誉を失墜させただけでなく、回収の見込みのないばく大な費用を投じることになったと指摘している。同関係によると、調査委員会の調査結果が出る来月中旬にも、シャッテン教授を相手取り詐欺と名誉棄損などの容疑で損害賠償請求訴訟を起こすことを検討している。

http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=062005122500200




ええええええええええ!




捏造をした黄教授本人はスルーでシャッテン提訴ですか^^;
しかも提訴理由が「詐欺」「病院の名声に傷がついた」って・・アンタも一緒になって煽ってたやん・・。

ところで、同サイトは日本語版、英語版が見られるのですが、英語版では若干ニュアンスが変えてあるという指摘がありました。

35 <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2005/12/27(火) 13:18:18 ID:RJuKLSvv
この聯合の英語版でのニュースを見る限りでは
名誉毀損とか難病患者の事は書かれてないね。
どっちかーつうと、シャッテンが逃げた→金掛けたのに約束が違う→訴えるぞ、ゴルァ。
こんな感じ。
さすがに英語版で名誉毀損を堂々とは載せられんのかな。
言いがかりだしw


以下、韓国YonHap Newsの英語版です。


Top S. Korean university mulls legal action against U.S. professor
SEOUL, Dec. 25 (Yonhap) -- South Korea's top university on Sunday said it is weighing the option of taking legal action against Gerald Schatten, professor at the University of Pittsburgh, for recommending the establishment of the World Stem Cell Hub.

School sources said it was Schatten that urged the creation of the center that has already cost 6.5 billion won (US$6.4 million).
http://english.yna.co.kr/Engnews/20051225/460100000020051225204413E8.html

記事では、「ハブ設立を推めた事に対して訴えを起こした」というニュアンスですね。
「名誉毀損」は見当たりません。
訳した人間もさすがにおかしいと思ったのか!?・・ちょっと穿ちすぎですかね



捏造自体はどこの国でもあります。
日本とて、それは例外ではありません。
しかし、捏造が発覚した後のこの騒動、

買収 逆ギレ 提訴(謝罪と賠償)

これはやはり韓国特有と思わざるを得ません。

産経新聞の様に「そう気を落としなさんなよ」と声をかける前に、
「責任転嫁の前に自己反省した方がいいよ」
とアドバイスした方が良さそうですね。



【 黄教授問題 過去記事 】

■ 黄教授問題 -朝日新聞の記事より-
http://pinoccio.at.webry.info/200512/article_28.html

■ 黄教授「捏造認める」 -祭りの終焉-
http://pinoccio.at.webry.info/200512/article_26.html

■ 黄禹錫教授 -火病と診断-
http://pinoccio.at.webry.info/200512/article_23.html

■ 黄禹錫教授のクローン問題 -研究員が米永住権を申請-
http://pinoccio.at.webry.info/200601/article_40.html

■ コリアウォーズ EpisodeU  -クローンの攻撃-
http://pinoccio.at.webry.info/200601/article_43.html

■ 真相はどっち?
http://pinoccio.at.webry.info/200601/article_45.html

■ クローンを巡る狂想曲 in Korea
http://pinoccio.at.webry.info/200601/article_54.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
黄教授問題が終わらない・・ - 買収・逆ギレ提訴 - ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる