ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 櫻井よしこ(著) "韓国狂乱" 発売見送り

<<   作成日時 : 2006/01/20 22:47   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今日この様なメールがアマゾンから届きました。

誠に申し訳ございませんが、以下の商品は発売中止となりました。

櫻井 よしこ (著) "韓国狂乱"

お客様にこの商品をお届けできる見込みでしたが、この商品の発売が見送ら
れたことが判明いたしました。お客様にご迷惑をおかけしたことを、心から
お詫びいたします。

勝手ながらお客様の注文からこの商品をキャンセルさせていただきまし
た。なお、国内発送の場合、この商品がキャンセルされた事により他に
ご注文いただいている商品の合計金額(税別)が一定額を下回ると、配
送料がご請求額に加算される場合がございますのでご了承ください。
(http://www.amazon.co.jp/help/ship/)

Amazon.co.jpでは、発送済みの商品についてのみご請求させていただくため、
この商品に関するお客様へのご請求は一切ございません。

今後、お客様にご満足していただけるサービスをご提供できるよう、いっそうの努力をしてまいります。

English: When we contacted our supplier we learned that the above item is
no longer available. This unavailable item has been cancelled from your
order and you have not been charged for it. We apologize for this
inconvenience.

Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございました。またのご利用を
お待ちしております。

カスタマーサービス部門
Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp



・・・orz

楽しみにしていただけに、非常に残念です・・。
一部で出版社に圧力か!?とも囁かれていますが、ウラ取りのネタが無いのでスルーします。



さて、皆さんご存知の方が多いかと思いますが、
改めて著者の櫻井よし子氏を紹介すると、


櫻井よしこ
Yoshiko Sakurai

ベトナム生まれ
新潟県立長岡高等学校卒業
ハワイ大学歴史学部卒業

職歴
1971〜74 クリスチャンサイエンスモニター紙 東京支局勤務
1975〜77 アジア新聞財団 DEPTH NEWS 記者
1978〜82 アジア新聞財団 DEPTH NEWS 東京支局長
1980〜96 NTVニュースキャスター
1980〜現在 ジャーナリスト

受賞  
1994年度 SJ賞(女性放送者懇談会賞)
1995年度 第26回大宅壮一ノンフィクション賞
1998年度  第46回菊池寛賞

著書    


多数

なので省略させて頂きます。


櫻井氏のブログ
http://blog.yoshiko-sakurai.jp/



櫻井女史の活動は多岐に渡り、簡単には説明出来ませんが(櫻井氏のブログをお読み下さい)、一つ挙げるならば、「特定アジア」の認識を広めた事でしょうか。

中国、韓国が日本非難の度に繰り返してきた「アジアが批判している」というレトリックに対し、


画像



と鮮やかに切り替えしたのは、2005年8月15日にNHKが放送した「日本のこれから」という番組内でした。
ピーノもリアルタイムでこれを見ていましたが、まさに「我が意を得たり」という思いでした。
このNHKの「日本のこれから」は左派、保守を問わず注目していた様で、ネット上でも活発な議論が繰り広げられていましたが、放送終了後にはすぐさまネット上で櫻井女史の発言が上記の画像と共にコピペ(コピー&ペースト)され、瞬く間に「特定アジア」認識が広がったのでした。


この「特定アジア」に関しては、他にもここが説明してくれていますので、引用致します。


マスコミなどで用いられるの恣意的なアジアという呼称の運用については、2005年8月15日NHKで放送された番組「日本のこれから」内で、ある韓国人が「日本はアジアの批判に対して……」と発言した際、櫻井よしこが「アジア各国とはどの国ですか?」と質問し、返答を受けて「私たちはここできちんと定義した方がいい。アジアと言うとアジア全域と思うが、特に激しい批判してるのは中国、韓国。台湾は積極的に要人が参ってる。マレーシアもそう。まず中国・韓国と定義したい。」と続けた事などがあげられる。

なお、この時質問された韓国人は「特に中国と韓国」と答えている。


http://www6.atwiki.jp/kokubou/pages/8.html


今回の出版中止は残念ですが、櫻井さん、今後とも「日本」をしっかりとチェックしてください。

櫻井さんの個々の考え方に対する賛同、反対を抜きにして、皆さんも今一度、今の日本を考える上で彼女の著作を読んでみてはいかがでしょうか。



== 余談 ==

* 櫻井女史ですが、週刊少年マガジンにて連載中の「さよなら絶望先生」 に一キャラとして登場していた模様。面白いですねw

↓ここを参照↓
http://kokubou.blog11.fc2.com/blog-entry-267.html



権力の道化
権力の道化

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
櫻井よしこ(著) "韓国狂乱" 発売見送り ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる