ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄禹錫 -Never Ending Story-

<<   作成日時 : 2006/01/23 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

変わらぬ黄教授支持者、彼らはなぜ・・・
「あなた1人さえ埋葬されればよいというその群集と最後まで争って勝つでしょう」−−。

21日午後6時、ソウル光化門(クァンファムン)前の開かれた市民広場。

全国から集まった黄禹錫(ファン・ウソク)教授支持者2500人が、太極旗を振りながら「研究再開」「特許守護」などと声を上げていた。

ある女性は

国のために働いたあなたの手
愛情にあふれています
あなたの手に背く者
偽りを言う者
死ぬでしょう

と、献呈詩を朗読した。

在米科学者として紹介されたチョ某さんが壇上に上がり「卵子供与など消耗的な倫理論争を中断し、われわれの生存権を得よう」と叫んだ。割れんばかりの拍手が響いた。

この日のキャンドル集会は「アイラブ黄禹錫」「韓国せき髄障害者協会」など5団体で構成された「黄禹錫研究再開国民連合」が主催したイベントだ。黄教授と何の関係もなく自発的に参加した一般市民たちもかなり多くいた。

ソウル大調査委が黄教授の論文操作事実を発表したが、黄教授に対する彼らの愛は冷めることはない。今週、ソウル大学鄭明煕(チョン・ミョンヒ)調査委員長を、黄教授に対する名誉毀損の容疑などで告発するとしている。彼らはまずソウル大調査委を信じることはできないという。

イ・ヨンシル国民連合対外協力局長は「ソウル大調査委は基本的に検証資格がない人々」とし「著名な海外の学者たちも評価できないことを、一般の教授たちがどれほど評価することができるのか」と主張している。また日本の東京で20年暮らしている同氏は「調査委の最終発表を見てひどく頭に来たのでソウルまで来た」と言う。

論文操作も枝葉的問題として見ている。

せき髓障害者協会チョン・ハギュン会長は「陶工が立派な作品を作った後、多くの人があれこれ見たため割れてしまった状況なのだから、陶工の技術は認め、保存していかなければならない」と主張した。

黄教授が周辺の組織的な陰謀によって犠牲になったと強く信じている。5歳と3歳の2人の子供を連れて集会に出たチャン・ミスクさん(42)は「ソウル大医学部側の既得権守護策略や、米国との特許関係と絡んだ陰謀論の信憑性が高いと思う」と話す。

熾烈な国家間競争で国益を守るために黄教授研究を再開させなければならないという愛国主義、民族主義的立場も濃い。会社員イ・ファリョンさん(49)は「最小限、黄教授の特許だけでも生かさなければならない」と強調した。

このような主張について社会心理専門家らはさまざまな解釈をしている。ソウル大学チャン・トクチン教授(社会学)は「このような状況を人質と誘拐犯が協力関係を形成するストックホルム症候群と説明する見方もある」とし「黄教授が国家的な英雄だったがために独島(トクト、日本名:竹島)問題のように国運がかかった問題だと思う人が多い」と話している。

ソウル大クァク・クムジュ教授(心理学)は「多くの人々が黄教授についてあまりにも強い希望をもって来た」とし「終末論者たちが終末が来ないと落胆するよりは『今回ではなく10年後に来るんだ』とまた別の希望を持つものだが、今回の場合がそれに当たる」と述べた。

また困境に処した人が自分に有利な情報だけ取得しようとする認知不調和現象が現れているという指摘もある。

◇ストックホルム症候群とは=人質劇で人質が彼らを解放してくれようとする軍や警察より人質犯に同調してしまう心理状態だ。

1973年スウェーデンのストックホルムで起こった銀行強盗事件をきっかけにできた用語だ。

事件の初め、強盗を恐れた人質らは人質劇が進行されるほど強盗に好感を持つようになった。6日間の人質劇が終わった後に実施された警察の調査で、人質らは強盗に不利な証言を全く言わなかったという。人質だったある女性は強盗に愛情を感じ、婚約していた男性と破談したという。


中央日報 日本語版
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=71999&servcode=400&sectcode=400


画像




>国のために働いたあなたの手
>愛情にあふれています
>あなたの手に背く者
>偽りを言う者
>死ぬでしょう

怖っっっ!

さて、ストックホルム症候群なんて的外れな分析をしていますが、
そもそも、最初から韓国民が一丸となって黄教授を応援していたじゃないですかw


>陶工が立派な作品を作った後、多くの人があれこれ見たため割れてしまった状況なのだから、陶工の技術は認め、保存していかなければならない

いや・・そもそも「作品」自体無かったのですから・・

黄教授を擁護する国民も勘違いなメディアも、これでは再発を防げそうに無いですね^^;



黄教授問題に関して、もう2本



ES細胞はあった? Eメール分析で浮上
2006-01-23 17:24:43 Updated.

黄禹錫教授チームのES細胞論文ねつ造事件を捜査中のソウル中央地方検察庁の特別捜査チームは、患者の体細胞から作られたES細胞、またはその手前の段階のものが、アメリカに密かに持ち出された可能性があるとみて真偽を捜査していることが22日、明らかになりました。検察は、黄禹錫教授の指示で論文の写真をねつ造したアメリカピッツバーグ大学の金ソンジョン研究員ら中心人物33人がやりとりしていたEメール5万通あまりと、コンピューターファイルを分析した結果、ソウル大学調査委員会の発表とは異なり、患者の体細胞から作られたES細胞、またはその前段階のものが、ある時期には存在したものの、その後、アメリカに持ち出された可能性があるとみて捜査を行っています。検察は、アメリカの別の大学に留学しようとしていた金ソンジョン研究員をピッツバーグ大学のシャットン教授が何らかの取り引きの見返りとしてピッツバーグ大学に受け入れた可能性があるとしてその背景を探っているということです。

http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_detail.htm?No=20805


2 エ)・) ◆lWYtn5MZ2k 2006/01/23(月) 21:54:23 ID:DJAcqiaJ

やっべ!こいつらまだ諦めてねーぞ!

うぉぉぉぉぉぉ!!何てタフさだ!不死身か?こいつらは!?


4 名刺は切らしておりまして 2006/01/23(月) 21:54:44 ID:sQfpkFun
何かの冗談(;゜ロ゜)


6 <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2006/01/23(月) 21:55:24 ID:XnpTbgpg
すげええええ!!!!あいつら3ヶ月以上経ってもビクともしねえぜ!!!!


15 <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん sage 2006/01/23(月) 21:56:37 ID:voSE4fLK
黄色い不死鳥だな。


20 <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2006/01/23(月) 21:57:16 ID:9jf49+AT
お前は男塾の富樫か


26 <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2006/01/23(月) 21:58:43 ID:6OyPeS5P
黄禹錫は死なん! 何度でもよみがえるさ!




男塾の富樫・・ツボにはまりましたw





富樫源次(とがし げんじ)
桃曰く『男塾のカオ』。ケンカ殺法の使い手。拳法は会得していないが、男塾名物「油風呂」を成し遂げるなど、その根性は凄まじいものがある。
破帽がトレードマーク。ドスを武器とする。かつて実兄を三号生に殺された因縁があるが、いつの間にかうやむやになった。戦いでは虎丸とともに実況・驚き役。たびたび死ぬが、必ず生きていたことになって合流する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

魁!! 男塾: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%81!!%E7%94%B7%E5%A1%BE
* ちなみに、元中華民国総統李登輝氏が男塾塾長である江田島平八のコスプレをした事があるのは有名な話ですね。




(ソウル=連合ニュース) いわゆる「黄禹錫(ファン・ウソク)語録」の中で、広く使われ
ている「月火水木金金金」と言う文句は、日帝軍国主義時代の掛け声を少し変形したもの
だという指摘がなされて注目を集めている。

23日、出版界などによれば黄禹錫ソウル大教授が一昨年 9月大徳科学フォーラムセミナー
と去年 5月医学ジャーナル「ネイチャーメディシン」とのインタビューなどで言及、話題
になったこの言葉は昔の日本海軍軍歌に出る表現とほとんどまったく同じだ。

日本軍歌には「月月火水木金金」という歌詞がある。

最初、軍隊のつらい訓練と勤務状況を代弁する言葉だったが、日帝強占期の我が国では植民
地労動搾取を督励する掛け声に悪用された。

「月火水木金金金」と「月月火水木金金」は、表現自体が似ているだけでなく、実際の意味
もまったく同じだという主張が「盗作是非」を生んでいる。

アメリカマサチューセッツ工科大(MIT)で生命工学を研究する博士研究員は、黄教授の一部
支持者が、李舜臣将軍に例えることと関連、「植民地労動力搾取のための標語を、こっそり
変えて勤勉さと誠実の象徴であるように申し立てる人物を李舜臣に比喩すること自体がこっ
けいだ」と批判した。

もちろん黄教授の意図的盗作と断定することは難しい、とする意見も根強い。黄教授は数
年間日本に留学した事があって、日本式表現に自然に慣れただけだというのだ。国内理工系
大学は大部分職級に関係なく、教授ひとりひとりが別途実験室を持っているアメリカ式体系
なのに比べて、黄教授は一実験の室内に副教授と助教授を従えていたという日本留学時代の
影響を受けたのではないかと言う解釈だ。

「黄禹錫語録」の「科学には国境がないが、科学者には祖国が必要だ」と言う言葉も、
実はフランスの有名な生物学者ルイ・パスツールが言った言葉と似たり寄ったりに見える。


聨合ニュース(韓国語)の抄訳を転載
http://www.yonhapnews.co.kr/news/20060123/040301000020060123052037K7.html
エキサイト翻訳: http://www.excite.co.jp/world/korean/ 


9 <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん sage New! 2006/01/23(月) 23:53:45 ID:O9w4JH1N
月火水木金正日にしとけw



座布団一枚!




【 黄教授問題 過去記事 】

■ 黄教授問題が終わらない・・ - 買収・逆ギレ提訴 -
http://pinoccio.at.webry.info/200512/article_40.html

■ 黄教授問題 -朝日新聞の記事より-
http://pinoccio.at.webry.info/200512/article_28.html

■ 黄教授「捏造認める」 -祭りの終焉-
http://pinoccio.at.webry.info/200512/article_26.html

■ 黄禹錫教授 -火病と診断-
http://pinoccio.at.webry.info/200512/article_23.html

■ 黄禹錫教授のクローン問題 -研究員が米永住権を申請-
http://pinoccio.at.webry.info/200601/article_40.html

■ コリアウォーズ EpisodeU  -クローンの攻撃-
http://pinoccio.at.webry.info/200601/article_43.html

■ 真相はどっち?
http://pinoccio.at.webry.info/200601/article_45.html

■ クローンを巡る狂想曲 in Korea
http://pinoccio.at.webry.info/200601/article_54.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
黄禹錫 -Never Ending Story- ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる