ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ネット世論 -憲法9条について-

<<   作成日時 : 2006/01/02 03:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

憲法9条を考える

新春特別企画特別企画 国民投票

発起人
石坂啓(漫画家) 上原公子(国立市市長) 香山リカ(精神科医)
姜尚中(東京大学教授) きむらゆういち(絵本作家)
小林カツ代(料理研究家) 小室等(ミュージシャン)
斎藤駿(カタログハウス社長) 佐高信(評論家)
椎名誠(作家) ピーコ(服飾評論家) 毛利子来(小児科医)
森永卓郎(経済アナリスト) 吉岡忍(ノンフィクション作家)
渡辺一枝(作家) 渡辺えり子(女優/演出家/劇作家)/(50音順)
 

http://www.magazine9.jp/index0.php


ネットの世論はどう反応しているのでしょうか?
また、この結果に対して、上の「知識人」達はどう反応するのでしょうか?

楽しみですね。



ちなみに、選択肢は以下の通り

@ わが国の安全は日米安保条約にもとづく日米軍事同盟によってしか守れないと思う。アメリカに守ってもらっているのだから、アメリカが攻撃されたときは応援に出かけるのは当然だ。第一、武力の伴わない外交では相手になめられてしまう。非武装を主張する護憲派は、外国に侵略されてもいいと言うのか
---したがって、自衛隊を「自衛軍」にして海外派兵(集団的自衛権)も可とする自民党の改正草案に賛成。



A わが国は独立国なのだから、戦後60年を過ぎてなお在日米軍の抑止力をアテにして米軍基地を受け入れている現状は情けない
---したがって、国の安全は自主独立の軍隊で守っていくことを9条に明記すべきだ。



B 日米安保条約の目的はいまや「日本とその周辺の安全」から「中東の安全」にまで拡大変質している。テロの未然防止のためには先制攻撃も辞さないという、アメリカの世界戦略に巻きこまれたら大変だ
---したがって、歴代内閣が表明してきた「専守防衛に徹して海外における武力行使はできない」という自衛隊の定義と存在を、9条の中に明記してアメリカの世界戦略と一線を画していくべきだ。



C 日米安保条約の変質については「3」と同じ見解。アメリカは日本をアジア太平洋地域の戦略拠点と位置づけ、自衛隊を英軍なみの同盟軍として海外の戦闘地域でも協力させたいと考えている。しかし9条2項があるかぎり、海外での武力行使は阻止できるのだから
---9条も自衛隊も現状のままがいい。



D 冷戦終結のいま、EUや東アジア共同体づくりの動きに見られるように、武力を背景にした外交は絶えざる武力競争(緊張)やテロを生んでキリがないことに世界中が気づき始めている。9条はまさにそんな新しい時代のお手本になる憲法である
---したがって、自衛隊は解散し、一切の外国軍基地も存在しない非武装の国のかたちをつくっていくべきだ。



E 変えない理由は「5」に同じ
---ただし自衛隊は解散しないで、最小限の自衛力(抵抗権)をもつ陸海空の「国境警備隊」と、武力を伴わない「人道支援隊」に改組縮小する。後者はNPOと連携して、災害、医療、インフラ、貧困対策などで世界平和に貢献していく。



ピーノの意見は@です。

価値観、そして利害を共有出来る相手は現在の所米国以外には居ないとピーノは思います。
自主独立とは聞こえはいいですが、日本が一つの「極」足りえるには、まず他国に影響を与えられるだけの外交力が必要です。
外交面では、常任理事国では無い故の発言権の無さ、そして諜報を専門に行う部署が無い事や、スパイ防止法が無い等、あまりにも「情報」に対してお粗末すぎます。
それに加え、戦後の反省から軍事大国になることを日本は否定しました。
まだまだ世界には北朝鮮の様に「軍事」で張り合おうとする国家がいる以上、軍事力も外交の一つの要素となります。
(砲艦外交・・まぁ、お世辞にも綺麗な外交とは言えませんが、これしか言う事を聞かない国家が居るのも「事実」です。ジャイアンの命令に皆が言う事を聞くのと同じですかね)
これら諸要素が決定的に欠けている中、日本が「極」を主張すれば、たちまち孤立化するのが目に見えています。
まぁ、後ろ盾を持たない、いじめられっ子みたいなものですね・・。

では、同盟国として、どの国が日本にとって最適なのでしょうか?

まず、東アジア共同体諸国、特に中国と韓国では価値観があまりにも異なる上に、国内の都合で「反日」政策を採っている以上、一貫したパートナーシップが期待出来そうにありません。

特定アジア以外の東アジア諸国ですが、日本とは国力が異なり、「対等」の関係はまだこれからでしょう。そして、大国である中国と地理的、経済的結びつきが強く、中国の意向に左右されやすいという不安定性がネックですね。

欧州諸国とは価値観は共有出来ますが、経済的にライバルとならざるを得ず、また、地理的に離れすぎている為に、利害を共有し辛く、同盟を維持するのが難しいでしょう。

中南米、アフリカ諸国、中央アジア、共に経済格差がありすぎ。また、それぞれ米国、欧州、ロシアと非公式の「支配圏」が出来上がっており、日本がそこに参入すると、不要な摩擦を起こしかねない。

ロシア・・面白い選択肢ですね。資源の無い日本にとって、資源大国ロシアとの同盟は何よりも心強いものですが、やはり価値観、安定性の問題があり、リスクが高いでしょう。
少数民族弾圧に見られる強権的手法は現在の日本で容認出来る「やり方」ではありません。
それに、経済力が不安定で、政権の一貫性が不透明だということもあります。

こうして消去法で眺めると、どうしても「米国」が最適だと思わざるを得ません。
・ 貿易立国日本として、世界最大の経済国から得られる経済的利益。
・ 世界最強の軍の同盟下に入る事で牽制出来る他国からの脅威。
・ 国内に大きな紛争を抱えていない事による安定性。
 (民主党、共和党、政権が変わろうとも、外交政策に急激な変化は起こりにくい)
・ 法治国家、民主主義、資本主義等価値観を同じくして居るので、考えの相違が起きにくい。

故に@を選びました。

皆さんは何番を選びましたか?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ネット世論 -憲法9条について-」について
「ネット世論 -憲法9条について-」について 世論が憲法改正支持が圧倒的多数とでても、左派系の人々は国民の考え方に誤りがあるから、今こそいっそう奮起して国民の過ちを正そうとするだろうな。彼らだけが正しい民主勢力で国民は愚民だとしか思ってないから。そのような理念で共産主義国は反対派を愚民扱いで粛清してきた? ...続きを見る
totoro
2006/01/12 10:14
「マガジン9条」投票結果を公表
マガジン9条から、投票結果の分析が出ました。 まずは、結果をご覧下さい。 http://www.magazine9.jp/vote/why.html ...続きを見る
ピーノの独り言
2006/03/02 12:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログ見させてもらいました。良い内容ですね。
あなたブログ内容を≪STARJUNGLE(スタージャングル)≫の『みんなのマイページ広場』に登録して下さい。もちろん、登録料等全て【無料】ですのでお気軽に当サイトにお越し下さりご利用下さい。(登録時、各カテゴリーがございますので該当するカテゴリーをお選び下さい)

≪サイト案内とメリット≫
盛沢山の無料・お得・役立・その他の情報を【完全無料】で掲載しておりますので、お気軽にサイトへお越し頂き情報入手して頂けます。

===主な情報システム===
★タダ(無料)情報満載の『急げ!タダっちょ!!』

★各種ショップで直接予約・購入が出来る『満店街』

★いろんな放題・バイキングが満載の『放題放題』

この他にも多種ございますので、是非お気軽に起こし下さい。

≪募集案内≫
只今『リニューアルキャンペーン』につき、《広告掲載・出店を【無料】》で承っております。★はキャンペーン終了後、有料となります

URL http://www7a.biglobe.ne.jp/~s-jungle
スターズ
2006/01/02 14:55
私も1でいいですが、2でもいいと思います。憲法では2にしておいて、現実は同盟を結ぶ、憲法は国を守るためには、何でも有りにしておいて、その時々の世界情勢の変化に合わせて同盟結ぶなり、中立を保つなり、で良いと思う。でも現在はやはり1が無難かな。それから憲法は基本理念だから、なるべく簡潔が望ましい。
トトロ
2006/01/04 08:55
確かに、トトロさんの仰る通り、憲法は簡潔であるべきですね。Aの様に明確に「軍」を国防の必要上認めると明記することは必要だと思います。
ただ、Aの設問はそこで終わってしまっているので、米軍との共同行動を見据えた@をピーノは選択しました。
ピーノ
2006/01/13 11:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ネット世論 -憲法9条について- ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる