ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 在日韓国人の参政権付与決議案、統一通商委が採択

<<   作成日時 : 2005/12/08 02:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

最近韓国ネタが続きますが、そのネタが尽きないみたいで^^;

在日韓国人の参政権付与決議案、統一通商委が採択

国会の統一外交通商委員会は7日に全体会議を開き、
日本在住の韓国人に地方選挙権を付与するよう求める内容の
「日本居住韓国人・朝鮮人に対する地方参政権付与決議案」を満場一致で可決した。

ハンナラ党の鄭文憲(チョン・ムンホン)議員が代表発議したこの決議案には、
「互恵的な意味で、在日韓国人らの地方選挙権保障のための法律案制定に
日本の議会が積極的に取り組むことを期待する」との内容が盛り込まれた。

また、日本政府に対し「在日韓国人らの特殊な歴史的背景を考慮し、
処遇改善と地位向上に向け努力することを期待する」としている。

http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=012005120713800

内政干渉も甚だしい文章ですが・・。
さて、彼らの言う特殊な歴史的背景とは、何でしょうか?

ここで、在日の皆様には優しい朝日新聞から引用しますと、

「戦前(昭和14年)に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前には約200
万人となった。増加した100万人のうち70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個
別渡航者と、その間の出生によるものである

残りの30万人は大部分鉱工業、土木事業の募集に応じてきた者で、戦時中の国民徴用令に
よるものはごく少数である
。(中略)
終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引き上げで合計140万
人が帰還したほか、北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引き上げ計画
で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していた者のうち75%が帰還している。
(中略)
現在、登録されている在日朝鮮人は総数61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、
戦時中に徴用労働者としてきた者は245人に過ぎず、現在日本に居住している者は、犯罪者
を除き、自由意志によって残留した者である。

1959年7月13日朝日新聞

http://www.nikaidou.com/clm2/0512/zainichi.jpg
http://www.nikaidou.com/clm2/0512/zainichikakudai.jpg

こちらは民団の資料からです。
在日の方自身も自由意志で来た事を認めてますね。

「アボジ聞かせて あの日のことを -我々の歴史を取り戻す運動報告書-」
1988 在日本大韓民国青年会中央本部刊

1.調査の対象 在日韓国人で1910年〜45年の間に日本に渡航してきた者(ただし、渡航時に満12歳未満の者は除く)
2.調査の時期 1982年10月25日〜1983年1月15日
3.調査の方法 国民登録台帳をもとに各地方に居住する在日朝鮮人の人数にほぼ比例するように調査票を割り当て、訪問面接による聴取を行なった。
 アンケート回収数 1106名
画像


http://didisama.tripod.com/didi/zainiti_raireki.htm より引用

* 強制連行の実態ですが、資料にある強制連行は民間業者による斡旋、つまり「民間の自由募集」を混同して居ます。強制連行を「国民徴用令」と解釈すると、実際の徴集は昭和19年の9月以降のわずか4ヵ月間でしかありませんので、パーセンテージはさらに低くなるものと思われます。


えーっと・・・自由意志によって残留したものを「特殊な歴史的背景」とは言いませんよね。
結局は密航等、違法に入国した方達に配慮して選挙権を与えよという事ですか?

い い 加 減 に し な さ い よ (`ω´+)

選挙権が欲しければ、日本国籍を取得すればいいだけです。
強制連行という神話を今更持ち出して「権利闘争」に使う韓国政府。
誤った歴史認識を持っているのは一体どちらなのでしょうか。

在日韓国・朝鮮人の選挙権問題、これは日本側の配慮の問題では決してありません。
在日韓国・朝鮮人の日本社会に対する甘えが問題の根源なのです。
彼らには日本国籍取得に特別な制限が設けてある訳ではありません。
逆に、日本語や文化の相似性から他の外国籍に比べて取得しやすいのが現状でしょう。
(もちろん、思想的な問題はありますが)

国籍取得に関しては、こちらのブログが参考になるかと。
在日韓国人3世の方のブログです。
http://korean3rd.seesaa.net/article/9688878.html

以下は米国の国籍取得に関して2ちゃんねるに書き込まれた文章です。

608 名前:名無しさん@6周年[sage] 投稿日:2005/10/23(日) 15:57:56 ID:pBX7Y0j60
アメリカのグリーンカードを取得するのに、どれだけ厳重な審査があることか。。。
米国市民との婚姻でさえ正式なカード取得までに 約5年を要した。指紋押捺(両手の
指10本全部)、健康診断(HIV等 の疾病があれば拒否されても文句言えない)
日本の警察による 無犯罪証明書、交際を立証するため私的ラブレターまで提供する。
銀行の残高証明書。第3者の証言書。インタビューによる尋問。 永住権といっても
これは単なるビザであり、事前の了解をとらないで一年以上米国外にいると失効して
入国拒否される。 もちろん帰化しない限り、アメリカの参政権などない。基本的に
G.カードには写真と押捺した指紋入りで、常に携帯することになっている。それで
も永住権ビザは米国が外国人に与える待遇であるから、 以上を「差別」とは思わない。

在日コリアンは日本人に甘え過ぎだ。あなた方は外国人なのだ。永住権、参政権、
帰化条件などは、全て日本に主権を有する日本人が決めることなのだ。

世界中の国で外国人が公務員になれる国って、あるのだろうか?移民が多い米国では
市民権がなければ公務員になれない。市民権を得るには米国への忠誠を誓い、自国より
米国を尊重することが大前提となる。これは当たり前の話だし、日本で外国人が公務員
になっていること自体問い直されるべきなのかもしれない。日本は帰化条件が緩い国の
一つで、君が代と日の丸に忠誠を誓わなくても帰化できる。歴史的経緯があるので特別
に永住が許可されている在日韓国人・朝鮮人の人々にとっても、これまでの活動を問い
直す契機となる判決だ。

ちなみにアメリカに移民してきたマイノリティたちは、アメリカへの忠誠を示すために
軍に入りイラク、アフガニスタン等に行ってます。当然韓国に行っている奴もいる


もう一度言います。
在日韓国・朝鮮人の選挙権問題、これは外国人差別などでは決してありません。
「国籍の無い者に選挙権は無い」という当たり前の原則なのです。
自らを被害者と位置づけ、弱者利権を主張し続けるならば、いつまでたっても日本人の理解を得られません。むしろこの種の正当性の無い権利闘争を行う事で嫌悪感が増す事を民団・総連・そしてそれをバックアップしている韓国政府は早く気付くべきでしょうね。

隣国日本はいつまでも我侭を聞いてくれると思ったら大間違いですよ。
深刻な嫌悪感にならない内に、韓国政府には気付いて欲しいものです。


画像




在日・強制連行の神話

在日・強制連行の神話 (文春新書)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
歴史の光と闇、そして弱者とは?
今回もmumurブルログより、前田日明氏の発言を引用します。 彼の発言は、永年私が抱いていた「違和感」をズバリ言い表してくれました。 ...続きを見る
ピーノの独り言
2006/04/27 11:59
枚方市人権政策室と有名ブロガーの一問一答
「在日の多くは強制連行されて仕方なく日本に住んでいる」と主張する枚方市人権政策室に電話してみました murmur氏のブログより抜粋 ...続きを見る
ピーノの独り言
2006/12/27 21:40
アメリカ永住権(グリーンカード)を取得するには
アメリカ永住権があると日本国籍のまま永久にアメリカに住み、自分の好きな仕事をして、学校へ通いながらアルバイトも出来ます。アメリカ永住権とは、簡単に言えばアメリカ人と同等の権利を与えられた状態で米国に住めるようになります。アメリカ永住権をもつと活動に制限がなくなるので自由な発想で自分のやりたいことを思いっきり出来ます。しかもアメリカ永住権を取得してから5年たてばアメリカ市民権をもらう権利が生まれます。  ...続きを見る
アメリカ永住権獲得法
2007/04/04 13:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
在日韓国人の参政権付与決議案、統一通商委が採択 ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる