ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 新大久保駅での事故に際し、朝鮮日報が掲載した漫画

<<   作成日時 : 2005/12/05 02:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

画像


訳)
東京・JR新大久保駅

‘新しい歴史教科書を作る会’「プライドが傷つくな…これも変えてしまおうか?」

看板 「韓国人の李秀賢(イ・スヒョン)君が日本人男性を救出しようとして…」


http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2001/03/01/20010301000025.html

* ちなみに、新大久保の日本人救出事件では、李秀賢さんの他に日本人カメラマンの関根史郎さん一緒に助けに行って事故で亡くなっています。華麗にスルーされてますが。

改めて亡くなったお二方のご冥福を祈ると共に、
こうした痛ましい事件を「日本を批判する為の素材」に結び付けないで欲しいと心底思います。
今回はピーノも呆れよりも憤りを感じています。

そういえば、今年は日韓友好年でしたね。
隣国が見せてくれるとても素晴らしい友好ですね。


ちなみに、韓国では、歴史の書き直し作業が始まりますね。

「真実・和解のための過去史整理委員会」が来月1日、正式に発足する。これから短くて4年間、
長くて6年間、日帝の強制占領時代から盧泰愚(ノ・テウ)政権時代まで
100年間の韓国の近代・現代史を改めて振り返る
「歴史の書き直し」作業が始まる

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/11/29/20051129000033.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「あなたを忘れない」 でも関根さんは忘れました
解説: 2001年1月、JR新大久保駅でホームから転落した客を救おうと、線路に飛び降り犠牲となった韓国人留学生の真実を描いた日韓合作映画。『不良少年(ヤンキー)の夢』など硬派な作風を得意とする花堂純次が監督を務め、勇気ある行動で26歳の命を落とした留学生イ・スヒョンを、『スーパースター☆カム・サヨン』のイ・テソンが演じる。ロックバンドのリーダーだった彼の姿を通じて、日韓の若者文化、家族観の違いをも問うテーマが共感を呼ぶ。 ...続きを見る
ピーノの独り言
2007/01/31 00:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
関根 史郎という方は僕が日本でカメラマン活動してたときに会った事がある人でした。人の良いおじさんという印象が残っています・・。

今まで海外でキャンプしながら写真を撮る生活だったので、最近、日本に帰国し、友人に関根氏の死を聞いて彼の作品を見たいと思い、名前を検索して辿り着きました。

正直、日韓友好はもちろん素晴らしいとは思いますが、この事故についての映画の公式サイトでは関根氏の名前が脇役欄にありショックでした・・・。

映画の内容も韓国人男性と日本人女性のロマンスに変わり、恋人を助けるために死んだ事になったようです。

「心の国境を作りたくない」とは私が海外に出るカメラマンになったきっかけの思想ですが、
本当に対等な日韓友好を望んでいるのなら、関根氏の扱い方が同じくして無くなられた韓国の方と同等であって欲しいと思います。。
海外放浪カメラマン
2006/10/26 21:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新大久保駅での事故に際し、朝鮮日報が掲載した漫画 ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる