ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻生発言に釣られる朝日新聞

<<   作成日時 : 2006/01/31 18:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

麻生発言 天皇を持ち出す危うさ

 外務大臣は日本外交の責任者である。だが、靖国神社をめぐる麻生外相の最近の発言は、その責任と重みをわきまえているのか、疑問を抱かせる。

 先週末、公明党参院議員の後援者らの会合で、小泉首相の靖国神社参拝について聞かれ、こう答えた。

 「英霊からすると天皇陛下のために万歳と言ったのであって、総理大臣万歳と言った人はゼロだ。だったら天皇の参拝なんだと思うね、それが一番」

 「(天皇の参拝が)何でできなくなったかと言えば、公人、私人の、あの話からだ。どうすれば解決するかという話にすれば、答えはいくつか出てくる」

 なにが言いたいのかよく分からないが、天皇の靖国神社参拝こそが重要であるというメッセージは伝わってくる。

 この発言は直ちに世界へ報じられた。

 「麻生外相が戦争神社への天皇参拝を求めた」(英BBC放送)。「日本外相が、天皇は靖国神社を参拝すべきだと主張した」(中国国営新華社通信)……。

 麻生氏にはそこまで言ったつもりはないのかもしれない。だが、外相が天皇の参拝の問題まで持ち出した事実は重い。

 いま、天皇による参拝の可能性が国内でも国際的にも注目を集めているわけではない。深刻な外交問題になっているのは首相の参拝であり、その収拾策こそが外相に求められている。

 首相の参拝中止を求めている中国について「たばこを吸うなと言われたら吸いたくなるのと同じ」と批判したのもいかがなものか。煙で迷惑をかけていたら、吸わないのが礼儀だろう。

 問題をさらに広げるかのような発言は不見識のそしりを免れない。どこか言葉のうえで、もてあそんでいるような風情すら感じさせる。

 事実関係からみても、麻生氏の発言には理解できない部分がある。

 昭和天皇は戦後8回靖国神社に参拝したが、75年11月を最後に参拝をやめた。戦争の指導者だったA級戦犯が78年に合祀(ごうし)された後は一度も参拝していない。

 天皇が参拝しない理由はなにか。麻生氏が「公人、私人の話」と述べたのは、75年8月に参拝した三木首相が「私的参拝」と位置づけたことを指すようだ。

 参拝支持派の一部はこのため「公的、私的の区別がない天皇は参拝できなくなった」と主張している。A級戦犯の合祀が障害なのではないと言いたいのだ。

 だが、この主張は筋が通らない。三木氏の参拝の3カ月後に天皇が最後の参拝をしたことの説明がつかないからだ。外相はどんな根拠があって天皇の真意について発言したのか、説明を求めたい。

 秋の自民党総裁選に意欲を示す麻生氏は、小泉路線の継承者という立場を打ち出そうとしているようだ。靖国神社をめぐる発言には、党内の右派の支持を集める思惑もあるのかもしれない。

 だが、外交の責任者という立場を忘れてもらっては困る。麻生氏は改めて自らの真意について丁寧に語るべきだ。


朝日新聞
http://www.asahi.com/paper/editorial.html





>首相の参拝中止を求めている中国について「たばこを吸うなと言われたら吸いたくなるのと同じ」と批判したのもいかがなものか。煙で迷惑をかけていたら、吸わないのが礼儀だろう。

えーっと・・・朝日新聞の論理でいくと、自宅での喫煙も不可って事でしょうか?

そもそも、自宅で吸っていたタバコを「タバコ吸ってますよ〜〜!」ってわざわざご注進したのはどこの新聞だったのでしょうかね。(これに言及するのは何度目かな^^;

参考:「マッチポンプの構図」
http://pinoccio.at.webry.info/200511/article_15.html



>だが、外交の責任者という立場を忘れてもらっては困る。麻生氏は改めて自らの真意について丁寧に語るべきだ。


朝日新聞さんへ

だが、言論の責任者という立場を忘れてもらっては困る。朝日新聞は靖国問題を引き起こした事について、改めて自らの真意を丁寧に語るべきだ。




==余談==

>「たばこを吸うなと言われたら吸いたくなるのと同じ」発言はこれの事ですね。

<麻生外相>首相靖国参拝 喫煙心理に例え中韓の対応批判 (毎日新聞)

 麻生太郎外相は28日、名古屋市内で講演し、小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題について「日本の首相が、国内でここには行ってはいけないと外国から言われるのは通らない。中国が言えば言うだけ行かざるを得ない。たばこを吸うなと言うと吸いたくなるのと同じ。黙っているのが一番だ」と述べ、中国、韓国の対応を批判した。また、「英霊の方は天皇陛下のために万歳と言った。だったら天皇陛下が参拝なさるのが一番だ」と述べ、天皇参拝実現に向け、方策を探るべきだ、との考えを示した。

 さらに、北朝鮮による拉致問題に関連して「日本と北朝鮮の貿易額はものすごく減っている。すでに経済制裁という形が実質、きちんと行われている」と述べ、経済制裁発動に慎重姿勢を示した。【中田卓二】

[毎日新聞1月28日]

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/world/us_domestic.html?d=28mainichiF0129m027&cat=2




画像



朝日新聞の正義―対論 戦後日本を惑わしたメディアの責任
朝日新聞の正義―対論 戦後日本を惑わしたメディアの責任 (小学館文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
麻生外相発言・・・靖国神社に「天皇陛下の参拝が一番」
2月28日名古屋市での講演の後で・・・・ 「祀られている英霊からすると、天皇陛下のために万歳と言ったのであって、首相のために万歳と言ったのはゼロだ。天皇陛下の参拝が一番だ。どうすれば・・・」と語った。 いまどき、こんなことをを言ってくれて・・・と政府は困惑を隠しきれない様子ですが・・・小泉内閣の閣僚は、軒並み「思ったことは、そのまま言ってしまう」人たちです。 別問題だ、個人的な考えだ、関係ないから問題ないと意味不明の逃げをしつつ・・・ 追及されたら・・・そんなつもりで言ったのでない... ...続きを見る
Tatehikoの独り言
2006/02/01 11:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
麻生発言に釣られる朝日新聞 ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる