ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国人の思考考察 (T)

<<   作成日時 : 2006/02/14 00:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

韓国人取り扱いマニュアル

序文

 このマニュアルは、韓国人という存在を理解して、より良い日韓交流を諮るために書かれました。
 内容の如何によらず、韓国を無条件に批判する物ではありません

序論 

このマニュアルで説明されること

韓国人が反日の理由
韓国人が原爆の投稿を繰り返し、喝采する理由
韓国人が日本の歴史を貶める理由
韓国人が日本の歴史を我々の歴史だと主張する理由
韓国人が任那日本府説を否定する理由
韓国人が日本の知識人、良心的日本人と呼ぶ人々
韓国人が日本の捕鯨を批判する理由
韓国人が世界中の人々が日本を非難していると主張する理由
韓国人が天皇を日王と呼ぶ理由
韓国人が日本人をサルと呼ぶ理由
韓国人と階級社会
韓国人がドイツを見習えと主張する理由
韓国人がハンセン病患者の写真を掲示する理由
韓国人が地震や災害を笑う理由
韓国人が竹島を自国の領土だと主張する理由
韓国人が日本をアメリカの属国だと主張する理由
韓国人が背の高さを誇る理由
韓国人が日本人は町でぺこぺこお辞儀をすると嘲笑う理由

このマニュアルで説明されないこと

未定(鋭意募集中)

----------------------------------------------------
一章 韓国人の世界 我々(ウリ)の世界を覗いてみる

うりなら【ウリナラ】 
韓国語で『我らの国』の意。つまりは韓国のことである。
 ウリが『我らの』という意味であり、韓国人はこの言葉を異常なほどに使う。
 ウリミンジョク=我が民族、ウリ党=我らが政党、ウリチップ=我が家、韓国初の国産人工衛星がウリビョル=我が星といった感じである。ヘタをすると、一人称単数形の「ナヌン」よりも多用されいるかもしれない。
 この「ウリ」という単語は韓国・朝鮮というものを理解するためのキーワードである。
 つまり、ウリの範疇(それは身内であったり、友人であったり、国であったりする)とそれ以外(ナム=外)ではとてつもなく態度が異なるのだ。
 紙幅の関係で詳しく書くことは難しいが、この「ウリとナム」の感覚をつかむことが韓国人というものを把握することに通じることは間違いない。

 《楽韓Web http://vortex.milkcafe.to/hwapyung.html



(1) 朝鮮民族の思考の中にある伝統的意識には留意する必要がある。約50年の歴史の相違による韓国と北朝鮮との間の行動スタイルの相違は極めて大きいが、共通の文化的因子がその根底にはある。
 「内と外」の区別・峻別の意識は最も特徴的だ。朝鮮語に「ウリ」(こちら)と「ナム」(あちら)という言葉があり、「ウリ」は普通「私」とか「私たち」と訳されるが、むしろ「こちら」とか「うち」とか訳されるのが妥当で、「ナム」には身内意識をはずれた全てのものということになる。いわば、血族が「ウリ」の原型であり、その示すところは時と場合に応じて伸縮する。同居家族から八親等の一族、五代同祖、同姓同本、同地方と広がり、その最大時には朝鮮民族となる。朝鮮・人の「私」意識はこの「ウリ」の中に埋もれている。それは近代国民国家とは本来なじまないものだから矛盾が生じ、「ウリ」を国家単位に高めようとするとき、「ウリ」を定立させるための「ナム」として日本が選ばれる。それが「反日」の根拠である。日本は根深く「ナム」である。また、南北関係が「ウリ」か「ナム」か、即ち2つの外国同士か国内問題か不明確になりがちで、そのことが北朝鮮の現政権後のイメージ及び統一のイメージを曖昧なものにしている。
 そして、この意識の根底にあるものは、華夷秩序である。中華に替わって米国がその地位を占める形で、この伝統的意識も生き残っている。

 《総理大臣官邸 http://www.kantei.go.jp/jp/21century/990804bunka1-5.html



【結論:韓国人の根源である”我々(ウリ)”という考え方は、近代国民国家とは本来なじまないものだから矛盾が生じる。
【結論:韓国人の宗主国はアメリカであり、原爆はウリであるアメリカが、ナムである日本に下した罰である】 
【結論:ナムとはゴミであり、いくら死んだところで、良心の呵責は無く、ウリの邪魔になるならばむしろすすんで死ぬべきである。



◆ 韓国人が言うところの”良心的日本人”とは何か?

 ウリのものは、たとえみすぼらしいものでもいいもので、ナムのものは、ただそれだけの理由で悪いものになる。
 ウリの道徳は普遍的なもの、絶対正義で、他人が「ウリ」と違う主張でもすれば、それは結局すべて悪魔となる。
 万事がこうした白黒論理で動くのが、韓国式思考様式である。

 つまり「ウリ」のやることはいいことで、「ナム」のやることは悪いことですか。
 なんでそんな極端な考え方になるのだろうと驚くばかりですが、そう言われてみれば、まさしくその通り。
 ワールドカップで不快に感じたことのほとんどが納得できます。

 「自分たちが(ソルトレーク五輪で)されたときは大騒ぎして相手を非難するが、
  同じことを自分たちが(ポルトガル・イタリア・スペインに)やったときは勝ち誇った」
 まさしくこういうことです。

 「日本の教科書にはイチャモンをつけるが、自分のとこの教科書がどんなに民族万歳の捏造トンデモ話を書いてあっても平気」
 「日本人が誇りを持つのは許せないが、韓国のナショナリズムは誇りである」

 在日の学者・姜 尚中も、日本人のナショナリズムは問題にするが、自国のナショナリズムは気にならないらしい。

【結論:良心的とは、理論的でも、正しいことでも、善でもなく、ウリ(我々)なのである。
【結論:韓国人には公正、平等という概念は無く、同じ反則をしでかしても、ウリが行なえば良い事で、ナムがやれば悪いことである
【結論:ナムには、どのような卑怯な酷い仕打ちも許される。それを批判するウリは、ナムと見なされる
【結論:むしろナムに酷い仕打ちをすることこそが、ウリの価値を高める手段である。

 なんと言ったらいいんでしょう。
 これが人格を持った人間なら、「自分勝手な人」「信用できない人」と言われることでしょう。
 ・・・そう思うのは日本人だけの感覚なのでしょうか?
 あたしは世界的にそうだと思うんですが。

 差別に聞こえたらすいません。
 韓国人には、そういう傾向があるということは一応注意しておくべきでしょう。
 そういうことを知ってみると、
 日韓の問題の韓国の申し立てすべてが、疑わしくなってしまいます。
 従軍慰安婦の証言も、そんな中で生まれてきたということを心しておきましょう。
 
 《「反日」という甘えを断て http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kaede/3250/noriasa/k2.htm



2章 完全な同質性を求めるウリ(我々)

  この時は知らなかったが、後にこれは日本より影響力が大きい儒教が関わっていることを知った。韓国の社会構造は内側から自分、家族、血族、親族、地縁や学縁の知人、一般の知人へと同心円上に広がるウリ(われわれ)があり、その外縁はナム(他人)なのである。

ウリ同士はウリ共同体を形成し、この中では礼儀や伝統的な拘束力を持つ倫理道徳が厳格に重んじられる。一転して、ナムとの間にはこうした拘束力な双務関係はなく、人間関係が存在しないといってもよい(『韓国と韓国人』引用)。つまり、ウリに属する者に対してはとても礼儀を尽くす代わりに、ナムに対しては全く考慮対象にはならないということである。このような文化を、文化の違いから私たち日本人は無礼だと感じてしまいがちである。では具体的にナム(=知った間柄)とはどのように付き合うのか、日本と比べてみる。
  日本人は、知人だけでなく家族に対しても、一定の距離を置いてコミュニケーションを取る。自分の気持ちはあまりさらけ出したくなく、自分の気持ちは自分以外誰にも解らないと決め込んでいるからである。一方、韓国人はいったん他人と交感すれば、相手の完全な"同質性"を確認したことになり相互の間隔は完全になくなる。つまり、韓国において親しくなる=自分をさらけ出すようなものなのである。

  《文化的異質から見る今後の日韓関係

   http://www.zushi-kaisei.ac.jp/activity/study/inconnu2004/korea.html

【結論:韓国人の礼儀とは、ウリに属する者に対してはとても礼儀を尽くす代わりに、ナムに対しては、決して礼儀を成立させてはならない
【結論:日本人は、街で相手にぶつかったら謝罪するが、韓国人は、ナムに対する謝罪はウリの価値を低める行動であると考える
【結論:韓国人は、唯一絶対の価値観を持つ。それに従わない物は、ナムである
【結論:ウリと認められるためには、ウリと同じ思想を持たなければならない。ウリでないことは、ナムであることを意味する。
【結論:韓国人は相手の完全な"同質性"を確認しなければ、ウリとは認めない。つまり、討論で仮にでも、相手の立場に立つことが出来ない
【結論:韓国人同士が争うときは、その主張の正しさではなく、いかにウリであるかを争う。つまりナムが論争に勝つことはありえない
【結論:従って韓国人同士の論戦では、人格攻撃が主に使われる。相手をナムと見なすことによって、容易に論争に勝利することができるからである
【結論:ウリを批判することは許されない。それは自らナムと認める行為だからである

【結論:韓国人に対する真の謝罪とは、ウリの秩序に組み込まれることである


-------------------------------------------------------------------------------
3章 優れた物はウリの物?

外貌
病身
差別語 病身(ピョンシン)

--------------------------------------------------------------------------------

韓国人差別の中でも、地域差別以外に、特に身体障害者に対する差別が並はずれてひどい。

身体障害者を韓国人は直接「病身(ピョンシン)」と呼んで蔑む。
身体が健康な人々にとって病身とは、
「ウリ」正常人とは異なる世界の人であり、完全に異質な「ナム」である。

身言書判(しんげんしょばん) = 容貌風采・言葉遣い・文章力・判断力に秀でた人を良しとする封建社会的な考え方

身言書判の儒教的価値観が持病となった韓国社会では、身体の不自由な人は病身として、蔑視と差別の対象であった。

そのため血縁を非常に重んじる儒教社会の韓国では、ヤンバン(両班)の家門に万一「病身」が生まれたとしら、その子はその時から「ウリ」家門の子ではなく、異質な「ナム」の世界へと捨て去られるか、あるいは、はじめから殺されてしまうのが普通だった。

仮に、死ななかったとしても、人間扱いをせずに家の中に閉じこめ、人格を無視した状態で生かしておくだけである。

今でも韓国で、最もよく耳にする国民的な侮蔑語が、前述の「シッパル」と並んで「ピョンシン」という言葉である。

1997年12月の大統領選挙の時、ハンナラ党議員の金浩一(キム・ホイル)が、演説の中で
金大中に対して、「歩き方がこんな具合だ。あいつの息子は、もっと、びっこをひいているぞ、、、、」と、
真似までして誹謗したことも、大韓民国の人身差別の記録に記されるであろう。

国家のエリートである政治家たちからして、こんな具合だから、その国民にいたっては、言わずもがなである。

-----------------
韓国人は、中国人を「垢奴(テ・ノム)」もう少し上品に言うときは「大陸奴」と呼んで蔑む。垢奴とは、垢にまみれた不潔な奴という意味である。

    −韓国民に告ぐ 金文学・金明学著

《徒論 http://toron.pepper.jp/jp/syndrome/nation/byoushini.html



【結論 ナムの外見が悪いことを侮蔑することが、ウリの価値を高める



4章 終りに代えて・・子曰、君子は和して同ぜず 小人は同じて和せず

 「君子は和して同ぜず、小人は同じて和さず。」という言葉があります。論語の一節です。
「君子というものは、他人とよく心を合わせて事に当たるが、自分というものを見失って他人に引きずられたり、へつらったりしないものだ。それに反して小人は、人に引きずられたり、へつらったりはするけれども、本当に自分の立場を守りつつ他と調和していくことはないのだ。」という意味です。
 君子とは、模範とすべき立派な人物のこと。小人とは、君子でない人物のことです。

  《らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ 

http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2002/0404.html


次回予告 二ム(主人)主人になる 〈ニム〉になるしかない、韓国人の絶対的価値感と上昇志向
     ウリ(我々)からの解放・・一人称単数形の「ナヌン」(私)という価値観








Naverに投稿された非常に興味深い考察です。
続編が掲載され次第、こちらにも載せていきます。


出典アドレス: http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1582025&st=writer_id&sw=hirofumii

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国人の思考考察 (T) ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる