ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS BBCが実施した各国世論調査 日本の評価は?

<<   作成日時 : 2006/02/04 01:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

世界に悪い影響及ぶ国家 1, 2位はイランとアメリカ
【ソウル=ニューシース】
イランとアメリカがイギリス BBC放送が実施した世論調査で世界に悪い影響を及ぼす国家 1, 2位に抜かれたと BBC放送インターネット版が 3日報道した.

BBCが世論調査会社グローブスキャンとアメリカメリーランド大学に依頼して去年 10月から今年の 1月まで 33ヶ国家 3万 9435人を対象で実施した調査でイランが世界に肯定的な影響を及ぼすと答えた人が 50%を越えた所はイランを除けばただ一国もなかった.

平均的にイランが肯定的な影響を及ぼすという回答は 18%にとどまった一方 47%はイランが否定的な影響を及ぼしていると答えた.

一方 2004年実施された同じ調査に比べてアメリカが世界に否定的な影響を及ぼしているという回答はアメリカの同盟国たちで大きく高くなったことで現われた. また中国とロシア, フランスに対する評価も 2004年の調査に比べて悪くなったことで現われた.

アメリカが世界に否定的影響を及ぼしているという回答はフランスで 65%に達した. 2004年の調査の時は 54%がアメリカが否定的影響を及ぼすと答えた. またイギリスの場合このような返事は 2004年 50%でイボンエンヌン 57%で高くなった. アメリカが否定的影響を及ぼすという返事は中国で 20%ポイントも高くなったしオーストラリアとブラジルでもそれぞれ 8%ポイントと 9%ポイント高くなった.

2004年の調査の時と今度の調査に皆含まれた 20個国のみを対象にする時中国に対する評価は肯定的影響を及ぼすという回答が 13個国で 8個国で減少した一方否定的影響を及ぼしていると回答した国は 3個国で 7個国で増えた. しかし中国は相変らず肯定的影響を及ぼしていると回答した国が否定的影響を及ぼしていると答えた国より多かった.

またロシアに対する評価もヨーロッパ国々を中心に大きく悪くなったことで現われた.

一方日本は一番多い国々から世界に肯定的な影響を及ぼしているという評価を受けたことで現われた. 全体 33ヶ国家の中 31ヶ国家が日本が世界に肯定的影響を及ぼしていると回答した.

今度の調査の誤差範囲は ±2.5〜4% 水準だ.
遊説珍奇者 dbtpwls@newsis.com

http://www.newsis.com/_common/content.aspx?val=20060203145305750
http://www.excite.co.jp/world/korean/web/
韓国語を翻訳(エキサイト翻訳)



日本って世界からは高い評価を受けているのですね。
それにしても、韓国はやっぱり日本の評価が気になるんだな〜。

ところで、33ヶ国家の中 31ヶ国家が日本が世界に肯定的影響を及ぼしていると回答したそうですが、肯定的な影響を及ぼしていると思っていない2国はどこなのでしょうか?




皆さんはどこだと思いますか?





・・・皆さんの予想は外れて居ないと思いますよw





何故かというと、実はコレ、ちゃんと回答があるのです。

この調査はイギリスのBBCが世論調査会社グローブスキャンと米メリーランド大学に依頼をして、去年の10月から「ある国が世界に与える影響を肯定的か否定的に捉えるか」というアンケートを3万9435人に対して行ったものです。

日本の部分のみ抜粋しますが、
  こちら
↓  ↓  ↓

Japan

Japan received very high ratings. Of the 33 countries polled, a remarkable 31 gave a positive rating and 21 of these were a majority. On average 55 percent gave a positive rating and 18 percent a negative one. Japan was not rated in the 2004 BBC World Service poll.

The two exceptions were China and South Korea, where 71 and 54 percent, respectively, said that Japan is having a negative influence. Otherwise the only countries to have more than 30 percent with a negative rating for Japan were France (36%) and Iran (33%), but both of these were still predominantly positive (France 47% positive, Iran 57%).



【和訳】
日本はとても高い評価を得た。33カ国中、31もの国で日本の影響を「肯定的」という評価を与えており、その内21カ国で「肯定的」という選択肢を選んだ人々が最も多かった。
平均では55%が肯定的であり、18%が否定的だった。
日本は2004年のBBC World Service pollでは格付されていなかった。

(「否定的」評価が多かった)例外の2カ国は、それぞれ71%と54%の回答者が日本の影響を否定的と述べた中国と韓国である。上記2カ国以外で、日本に対する否定的意見が全体の30%を越えたのは、フランス(36%)とイラン(33%)だけであるが、両国でも肯定的評価(フランス 47%、イラン 57%)が優位を占めている。


画像



World Public Opinion.org より
http://www.worldpublicopinion.org/pipa/articles/home_page/168.php?nid=&id=&pnt=168&lb=hmpg1


あまりにも予想通りで笑ってしまいましたがw

これが日本が置かれている現状ですね。


そして、今日のサンスポに載っていた記事
「日本の苦戦」を強調−国連改革で中国各紙
前略)

3日の新華社電(電子版)は「日本は米国からの支持獲得を(常任理事国入り実現への)カギと踏んでいた」と分析した上で、日本は今回の米大使発言で痛手を受けたと指摘。北京晨報は「日本はまだあきらめていない」との見方を伝えた。

一方、ウェブサイトでは「好戦的な日本が常任理事国入りしたら世界は大災難」「米国が反対してくれれば、中国自らが反対する手間が省けて都合が良い」などの書き込みが相次いでいる。


http://www.sanspo.com/sokuho/0203sokuho050.html


「世界が〜」 

「アジアが〜」



画像




■ 韓国の投票行動分析はこちらをご参照下さい

きょうのこりあ
「世界に悪影響及ぼす国家は?」
http://t-korea.seesaa.net/article/12719356.html




「別冊正論 第1号」軍拡中国との対立(仮題)
別冊正論 第1号  軍拡中国との対決 扶桑社ムック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
世界へ好影響の日本 中韓では「否定的」−BBC国際世論調査
多くのブログが今日の記事に載せていますけれども、ピーノも紹介。 ...続きを見る
ピーノの独り言
2007/03/06 23:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
BBCが実施した各国世論調査 日本の評価は? ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる