ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 当時を生きた朝鮮人(当時)の回想

<<   作成日時 : 2006/03/05 02:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

私のお爺さんに聞いた日帝時代話 | 伝統文化・伝統芸能

No.1372608 投稿者: febritz 作成日: 2006-02-26 11:09:58 閲覧数:4024 推薦ポイント:33 / 1


私のお爺さんはもう 10年前に他界したんですが, 在世に日帝時代に対する話をたまにしました.

その当時私は中学生初年で記憶が詳しくはないがお爺さんがしてくれた日帝時代話は学校で学んだ日帝時代とは少し違いました.

一応, 学校では中学校と高等学校皆日帝時代の日本の収奪と侵略に重点が合わせられてありますが, 私のお爺さんがしてくれたことは少し違いました.

私のお爺さんは 1904年 全羅南道の貧しい田舍村で生まれたと言います.

今もその所には本家の人々が住んでいますが...

私のお爺さんが成長して大人になった時はもう日本の植民地時代でした.

全羅道地域は農業生産力が優秀で朝鮮半島全体で農業生産力が 一番優秀な地域だったが, 私のお爺さんの生まれた所は全羅南道の山里なので農地があまりなくてひもじさと貧乏がひどかったと言います.

それで私のお爺さんは 25才時日本に渡ったと言います.

町内の弛張お宅に送れて来た東亜日報で従業員募集広告を見て京城(ソウル)に行ってから日本へ行けばもっと多いお金を儲けることができると言って日本へ行ったと言います.

大阪の鉄工所で働いたと言います. 初めには朝鮮の人だから日本人が差別するか恐ろしがったと言います. 差別が全然オブオッダゴ(無かったとは)言えなかったと言います.

差別は確かにあったが. それはゾソンサラムイオソ(朝鮮人だから)と言うよりは田舍出身のお爺さんは初めの日本生活, それも日本の大きい都市の大阪から生涯初めでして見る鉄工所の労動だったから作業が下手で悪口を貰い食いするとか動作が迅速なのできなくて悪口を貰い食いしたことだけだったと言います.

私のお爺さんは 1929年秋に日本へ行って 1936年朝鮮に戻って来ました.

お爺さんは在世にこんなものを言いました. "今韓国で日帝時代を罵るが実は私は何の感情がない. 私が生まれた時朝鮮王朝時代だったが,

朝鮮王朝時代がそのままあったら, 鉄工所に就職することもできなかったはずでお金も儲けることができなかったはずで, 貧しさも脱することができなかったはずだ.

何故ならば朝鮮王朝時代がそのままあったら鉄工所を立てることも, 大きい規模の工場や工業地帯を設置することも難しかったはずだからだ.

国家で官職をした人々は朝鮮王朝時代が滅亡するのがスルプンイル(悲しい事)だったが,ナワガッ(ワシ)は田舍出身の貧しい庶民には日帝時代に日本の国民で住むこともあまり悪いことではなかった. 私は日本に渡って熱心に働いたから貧乏を乗り越えることができたからだ."



私は学校で学んだ日帝時代と非常に違って混乱したが, あの時のあれがあってから後に日帝時代に対して少しは他の視覚を持つようになりました.

もちろん学校の試験では学校で学んだとおり記述したんですが...

日帝時代がなるほどそんなに悪いばかりだったろうか? 果して朝鮮は自主独立国で堪えることができただろうか?

ロシアの植民地になったら(個人的に思う時日本を除いて当時の西欧列強の中で朝鮮を植民地化するのに熱をあげた国はロシアだったと思います)

以後の公算化(共産化)が進行される過程でソ連連邦が朝鮮にいくら位の投資をしただろうか?する考えをするようになります.

日帝時代はなるほどそんなに悪かったんでしょうか?

無条件歴史意識がないという話だけすることではなく皆さんの真摯な返事を聞きたいです.




Naver enjoy Korea(翻訳掲示板)からの転載です。
* 一部()付きで文意を説明しています。sincerelee氏に感謝!

徐々にこういう事を打ち明けられる雰囲気が醸成されてきたとは言え、未だにこういう発言をするとイルパ!という罵声が掲示板で飛び交います。
イルパの正確な意味はわかりませんが、親日派の売国奴という事でしょうか。

イルパ(日派):多分、イルボンのパドリ・・・なんでも日本の肩をもつやつ、という意味でしょう。ゲーム機ユーザーの間でよく使われていましたが(ニンパ:NINTENDO派、ソパ:ソニーPS派)。総称は「パドリ」のはずです。
コメント欄 sincerelee氏の解説より



こちらは元韓国・仁荷大学教授 朴贊雄氏の回想です

当時の学校教育


 僕の父(1903〜69)によれば、当時日本の教師達が学齢期の子供のある家を訪ね回りながら、その父母に小学校に入れるよう頼み込んだそうである。
 
 日本と合併して、日本人の建てた学校に送るのを躊躇した父兄が大分あったらしい。だがそれも束の間、父より七つ下の叔父の時になると、中学校はもとより小学校も入学試験で受験生を選抜した。

 寺内総督当時は日本の官吏は文官も含めて、すべて軍服にサーベルを下げていたというが、1919年、齋藤総督に代ってからは文官の佩刀<はいとう>が廃され平服になったという。

 僕は1926年(大正15年)10月に京城で生まれ、数え年二十で終戦を迎えた。小学校から中学校の教育をほとんど日本人教師から受けており、終戦当時は京城高等工業の学生として日本人学生と共に学んでいた。だから、植民地時代の朝鮮の有り様については一応総合的な構図を捉えているつもりでいる。


 僕の場合、6歳で京城師範学校附属小学校に入学した時、初めて日本人と出会った。一年から四年までは緒方篤三郎先生、五年と六年は朝岡寛一郎先生が受け持たれた。お二方は親切誠実なうえ大らかで、曲ったことは決して受け入れない性格であられた。このお二方は僕の恩人であり、僕の人格形成に影響を与えられた。特に朝岡先生には、僕らが六年になってからは放課後の課外授業もしていただき、そのお陰もあって、僕は名門の京畿中に受かった。

 当時、朝鮮内の中学校には朝鮮人だけ、日本人だけ、また、少数ながら韓日共学の学校があった。京畿中は朝鮮人だけの中学校であった。当時、小学校にしろ中学校にしろ、日本人と朝鮮人の学生間には、お互いによそ者という感情はあったものの、敵対感情はほとんどみられなかった。

 僕が通った師範附属には日本人専用の第一小学校と朝鮮人専用の第二小学校があって、それぞれ別の運動場を中にして隔たっていた。しかし、僕らは六年間を通して、第一附属の日本人学生と反目やいさかいに及んだ覚えはない。


 京畿中の教師は三分の二以上が日本人で、残りの三分の一が日本で教育を受けた朝鮮人教師であった。だから、朝鮮のすべての「教育の淵源」は日本ということになる。僕の祖父、朴勝彬も、合併三年前の中央大学出身で、合併前に大韓帝国の検事を勤めた後に弁護士、それから普成専門の校長を七年間勤めている。

  当時の朝鮮人は日本人に対して尊敬はしないものの、軽蔑や敵愾心もほとんどなかった。歴史的事実として、植民地化されている現実を認めて生業を営んでいるカタチであった。だから、親は子供らに対して、学校でよく勉強していい大学を出て、いい職場にありつくことを願うばかりであった。

  このような朝鮮人の強烈な、そして通俗的あるいは利己的な親心は今もって変わりがない。独立運動をする親もなければ、子に独立運動をそそのかす親など、ただの一人もいなかった。

http://www.tsukurukai.com/07_fumi/text_fumi/fumi41_text02.html


勿論、日本による朝鮮統治は現在の韓国人にとって、プライドが傷つく問題なので、これを否定したいという気持ちは理解出来ます。
しかし、この時代を暗黒時代の様に捉え、この時代を生きた人間を奴隷の様に教え伝えるのは、自分達の祖父母の思い出、そして彼らの生きてきた時間そのものを否定する事では無いのでしょうか?



当時を生きていた朝鮮人(差別語ではありません)が現代の北朝鮮、そして韓国が声高に60年間も日本を糾弾する姿を見れば、どう思うのでしょうね。 

果たして誇らしいと思うのでしょうか?



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはピーノ様。

私も家族から似たような話を聞いたことがあります。特に慰安婦とかは「強制じゃなかった」と聞きました。歴史・・・というかやっぱり多くの人たちが生きていたひとつの時代ですからね・・・ひとつの観点ですべてを語ろうとする韓国の歴史観はむりがると思います。

この febritzさんの御爺様みたいな「生き証人」の方たちがなくなっていくのが悲しいかぎりです。

そういえば今日、AMAZONで注文した「ムルテカ17805」のDVDと「南京事件証拠写真を検証する」という本が到着しました。

DHLから「荷物を調べるに1〜2日かかります」と電話が来たときにはちょっと心配しましたが、どうやら普通のテロ防止のための確認だったようです。

今日からゆっくり読んでみるつもりです。

あ、最後に、ちょっと翻訳がおかしなところがあったので直しておきますね。(十分理解できるレベルですけど、一応)

sincerelee
2006/03/05 22:24
オブオッダゴは言えなかったと:
「なかったとはいえなかったと」

ゾソンサラムイオソと言うよりは:
「朝鮮人だからというよりは」

スルプンイルだったが,ナワガッは田舍出身:
「悲しいことだったが、ボク(わし?)のような田舎者には」

公算化:多分、「共産化」のはずです。

イルパ(日派):多分、イルボンのパドリ・・・なんでも日本の肩をもつやつ、という意味でしょう。ゲーム機ユーザーの間でよく使われていましたが(ニンパ:NINTENDO派、ソパ:ソニーPS派)。総称は「パドリ」のはずです。

sincerelee
2006/03/05 22:26
sincereleeさん、ありがとうございます^^
早速本文を訂正しておきます!
確かに、febritzさんの御爺様みたいな「生き証人」の方たちが居なくなりつつある事は私も心配しています。こういう当時を知る方が居なくなってしまえば、それこそ時の政権の都合で歴史をいくらでも「解釈」して創りだす事が出来てしまうからです。

政治家の選挙対策や政権維持に振り回され、お互いが憎み合う事程愚かなものはありません。

当時を知るお爺様が居なくなる前に気付いて欲しいものです・・。
ピーノ
2006/03/06 13:19
当時多くの臣民は云うに及ばず、自国の事は後回しにするお国柄だったゆえ、台湾/朝鮮のインフラ整備及び教育を専ら優先して行ったと、特に朝鮮には勝共連合を軸とし、自らの富国強兵のサポートを只管に行っていたのみであり、日本への出稼ぎは全くの自由そのものであったし、極貧からの脱却手段であったわけだ!と祖父から聞いた。言語も奪わなかった!生前に祖父は叶うなら、現平成陛下の率直な御見識をも世界に発信して戴きたいものだとも語っていた。純粋な幼少期に歪曲した反日教育をコピーしてゆく静観したままの愚行が続けば、必ずや将来積りに積った怠惰への大きな代償を近い将来、われわれ国民は嘗てない地獄のような戦争を思い知らされる事であろう!
unnbaba
2010/09/09 05:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
当時を生きた朝鮮人(当時)の回想 ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる