ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS とある韓国人の3・1運動論

<<   作成日時 : 2006/03/10 02:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

335 :sincerelee ◆Y0EpeeK4Pc :06/03/01 16:39:55 ID:tekOIPAk
こんにちは。

只今まいりました;;



今日は3・1ゾル(節)です。

韓国では多分、ユギオ(ろくにご=朝鮮戦争が起きた1950・6・25)とともに
一番の愛国を考える日です。

最近、6月25日はマスコミや政府関係者からはあまり歓迎されないような気もしますが。

自分の知識では、こうですね。3・1運動は。

やっぱり、いつの時代のどこの国でもひとつの思想がすべてを支配することはできない。
日本と併合し、時代の流れに乗らなければならないと思っていた人たちもいれば、
わけはどうだろうと他国の支配はいやだ、という考えの人たちもいた。

どっちが「主流」だったかといえば、
当時は併合派(日本と一つになろう)だったでしょうね。




336 :sincerelee ◆Y0EpeeK4Pc :06/03/01 16:48:39 ID:tekOIPAk
しかし反対派もいた。
多分、時代的な流れから見ると影響力的には負けていたでしょうけど、
じわじわと民族意識を高揚させ、一気に挽回を狙った。

それが3・1運動のはじまり。
そういうところじゃないでしょうか。


たしかに「民族」という観点から見ることもできますし、
あのひとたちにも言いたいことがあったでしょうね。
負けることを知っていて立ち上がったわけですから。

しかし、「政権と反政権」という見方も十分できます。
今の韓国での考え方は、この視点が欠けていると思います。






337 :sincerelee ◆Y0EpeeK4Pc :06/03/01 16:57:23 ID:tekOIPAk
日本内でここまで左寄りの勢力がつよくなったのは、
ま、たしかに戦争というやり方に対する
日本人特有の謙虚さと反省心もあったでしょうけど、

当時非主流だった「反政府勢力」が敗戦をきっかけに
一気に形勢逆転したのがもっと大きな原因ではないでしょうか。

そして自分たちを合理化させるために、
過去自分たちの敵だった存在(過去の主流)に対して
必要以上の罪を被らせた。




今の韓国を見ればもっとわかりやすい(笑)。
「大統領選挙で負ける=前の大統領は監獄行き」ですから。




338 :sincerelee ◆Y0EpeeK4Pc :06/03/01 17:08:14 ID:tekOIPAk
3・1運動にも、ま、運動の言いたいことはわからなくもないけど

(差別も貧富の差も思想監視も拷問もあったでしょう。はい。
世界そのものがそういう時代でした。はいはい。
でもlee氏朝鮮よりはよかったんですよ。
1919年の人たちも、全員が朝鮮時代の生活に戻りたいわけではなかったはず。
ちなみに拷問+デモ弾圧は80年代までなくなりませんでした。残念。)

3・1運動を評価するにあたって、
いつの時代、どこの国でもある「非主流による主流への反撃」=「勢力同士のぶつかり」という観点を忘れてはならない。
それが独立後、同じく過去の敵(日本政府+親日勢力)に必要以上の罪を負わせるために拡大解析されている。


・・・という見方もあるんじゃないでしょうか。




339 :sincerelee ◆Y0EpeeK4Pc :06/03/01 17:29:20 ID:tekOIPAk
要するに、独立こそが愛国だという信念のもと、命をかけてたちあがったひとたちの心をバカにする気はないんです。

しかし、だからといって

「たったひとつの命をすてて生まれ変わった不死身の反日。
韓国がやらねばだれがやる」では困る。

いろんな見方があるんじゃないでしょうか。
3・1運動の記念式で、
おなじく「愛国」のために命をかけた人たちが眠っている
ヤスクニ神社への参拝を非難するようでは、
3・1運動もただのプロパガンタになってしまっているようで残念です。



2006・3・1休みの隙にPC部屋にて

sincerelee



やばい。この書き込みが韓国のネチズンにばれたら
sincereleeは間違いなく日本移民確定です(笑)


最後に、ユ・グァンスン
(3・1運動の時に逮捕されて拷問を受けて死んだという少女闘士で韓国では神格化されています)のことですが、


「拷問で手と足を引き千切られた」はうそ。死体はちゃんと家族に引き渡された。
「実は受けた罰はそう重くなかった(懲役3年)」。70年代の韓国だったら死刑?
「拷問で死んだという証拠なし」だそうです。




死体を見た友人が「手と足はちゃんと付いていた」








326 :TUNA ◆KDkykuJeJo :06/02/22 21:35:57 ID:yU7OlOJy
どもどもsincerelee さん こんばんは。
東亜板の方でお見かけしたのですが調べ物をしているうちに帰られてしまった
ようなのでこちらに

>260 :sincerelee ◆Y0EpeeK4Pc :2006/02/22(水) 20:51:49 ID:fqZLZKar
>>国際司法裁判所

>日本と韓国の基本条約に、
>「領土問題で問題があったら国際裁判所に依頼する」という内容がありますか?
>前にネットで見たような気がしますけど、うろ覚えで・・・

↓これのことではないでしょうか?

-------------------------------------------------------------------
日韓基本条約の関係諸協定、日韓紛争解決交換公文
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPKR/19650622.TPJ.html

両国間の紛争は,まず,外交上の経路を通じて解決するものとし,
これにより解決することができなかつた場合は,
両国政府が合意する手続に従い,調停によつて解決を図るものとする。
-------------------------------------------------------------------

「領土問題で問題があったら国際裁判所に依頼する」
と具体的には書いてないようですね。

(他の方で知ってる事がありましたら補足お願いします。)


327 :時計 ◆WatcheOf7g :06/02/22 21:44:41 ID:NUCVNarG
>>326
詳しくはないけど、その基本条約に基づき日本が国際司法裁判所への提訴を提案したら、
韓国側が拒否したとの話は良く見ますね。


328 :TUNA ◆KDkykuJeJo :06/02/22 23:58:47 ID:yU7OlOJy
こういった、条約もありました(紹介されてました)

----------------------------------------------------------------
日本国と大韓民国との間の漁業に関する協定
http://list.room.ne.jp/~lawtext/1965T026.html
第九条

 この協定の解釈及び実施に関する両締約国間の紛争は、
 まず、外交上の経路を通じて解決するものとする。

 1の規定によい解決することができなかつた紛争は、いずれか一方の締約国の政府が他方の締約国の政府から紛争の仲裁を要請する公文を受領した日から三十日の期間内に各締約国政府が任命する一人の仲裁委員と、こうして選定された二人の仲裁委員から当該期間の後三十日の期間内に合意する第三の仲裁委員又は当該期間内にその二人の仲裁委員が合意する第三国の政府が指名する第三の仲裁委員との三人からなる仲裁委員会に決定のための付託をするものとする。
 ただし、第三の仲裁委員は、両締約国のうちいずれの国民であつてはならない。

 いずれか一方の締約国の政府が当該期間内に仲裁委員を任命しなかつたとき、又は第三の仲裁委員若しくは第三国について当該期間内に合意されなかつたときは、仲裁委員会は、両締約国政府のそれぞれが十日の期間内に選定する国の政府が指名する各一人の仲裁委員とそれらの政府が協議により決定する第三国の政府が指名する第三の仲裁委員をもつて構成されるものとする。

 両締約国政府は、この条の規定に基づく仲裁委員会の決定に服するものとする。
-------------------------------------------------------------------

長いので要約すると「外交で解決しましょう。 駄目なら両者納得の第三者の仲裁を求めましょう」
と言う感じで>>326とほぼ同じです。

これも具体的に「国際法廷」をあげては無いようです。


329 :TUNA ◆KDkykuJeJo :06/02/23 00:05:34 ID:8ZDeqe4H
>>327
日本人の私が言うのも何ですが、日本政府は誠意・良識を持った対応をしてると思います。

国際法廷が信用なら無いという韓国の言い分までは「まだ」理解できます。
ですが、そんな「国際法廷を侮辱する発言」を平気でしておいて「韓国は国連に愛着がある」と国連事務総長に立候補するのは流石に驚きます。


330 :叢雲 ◆CulkZtNOSM :06/02/23 17:04:56 ID:b9tYPH5L
領土問題があったら国際司法裁判所で解決しよう、という条約があったかどうか判断がつきませんが肝心の領土権自体は国際法の範疇なので、国際司法裁判所で解決しましょうって話かと

日本の口上書への韓国側拒否の話はこの辺りですね
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/外務省口上書亜二第十五号
http://toron.pepper.jp/jp/take/law/teiso.html
これも無視されちゃったかな、多分。。
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPKR/19611226.O1J.html



340 :sincerelee ◆Y0EpeeK4Pc :06/03/01 17:39:04 ID:tekOIPAk
>>326から
>>330辺りまで


大事な資料、ありがとうございます。


解析にもよりますが、やっぱりこういう問題は
第3者による(多少強制的な)仲裁がないと永遠に解決できない気がします。

私がいままで学んで(学ばされて?)きた「韓民族」は、
人の物を根拠もなく横取りするような恥知らずな民族ではありませんでした。

韓国のいう「韓民族はすばらしい」が事実なら、勝ち負けにこだわらず、さっさと国際裁判所に出て世界のルールに従うべきだとおもいます。
それこそが、すばらしいことです。




きょうはそろそろ、ここらへんで失礼します。

(引用先のアドレス掲載は今回控えさせて頂きます。現在もスレッドは生きて居ますので。)




sincerelee氏、いつでも日本に移民してくださいw


本当はsincerelee氏の名前で題名を作りたかったのですが、迷惑が及ぶといけないので、あえて「とある韓国人」としました。


韓国も中国も北朝鮮も(特定アジア)、正統性の根源を辿ると、「日本を打ち破って祖国の独立を勝ち取った」という点にあります。
日本統治の合法性及び、その統治は悪く無かったと認める事は、この「正統性」自体を脅かす事であり、自己否定に他なりません。
逆に、打ち破った敵が巨悪であればある程、自分達の正統性や偉大さが強まります。
それに加え、かつての「敵」日本に対して敵愾心を煽る事で国内が団結するという効用もありました。
日本は敗戦のショックから一億総懺悔状態となり、贖罪教育を徹底して行った為に、戦前を語るのを止め、被害国からの言動を全て受け入れる風土を自ら作りました(GHQの関与は省く)。
反論しない相手を糾弾する事程楽な事はありません。
反論しないばかりか、うまくいけば援助も引き出せる。
反論しないばかりか、日本自身で軍事力を抑えてくれる。
「日本カード」は特定アジアにとって、様々な効用を見出せる魔法のカードだったのでしょう。

日本を許してしまえば、この魔法のカードも効力を失ってしまう訳であり、特定アジアが政府レベルでなかなか手放せないのも当然ですね^^;


ちなみに、最近の韓国の反日について、呉善花氏はこう指摘しています。


 
「自虐」が「自尊」を肥大化 
 かっての反日ナショナリズムは、日本をキャッチアップして日本を超えるという未来への希望とともにあった。その希望が、自らの力のなさから起きた経済危機の到来でもろくも打ち砕かれ、そのときに韓国の反日は社会的なリアリティを完全に喪失した。当時、私は、これで韓国人が自己内省へと向かい、反日なき社会が生れる可能性が出現したと言ったが、現実はそう簡単にはいかなかった。

 それでも、『親日派のための弁明』を著した金完燮氏、ソウル大学経済学科教授の李栄薫氏、『日韓併合ー漢民族を救った「日帝36年」の真実』を著した崔基鎬氏、そして今回の高麗大学名誉教授の韓昇助氏など、身の危険を覚悟してまで日本統治をある程度評価する自己内省の主張が続々と出るようになったのは、それ以後のまったく新しい現象である。

 訪独した盧武鉉大統領は、ドイツ紙のインタビューを受けた際に、「日本の態度は人類社会が共に追求すべき普遍的価値にそぐわない」「侵略と加害の過去を栄光と考える人たちと一緒に生きるのは全世界にとって大きな不幸」(4月8日)との暴言を吐いた。「反日をいうなら何を言ってもかわまない」が、ついに大統領の口からも飛び出した。ここに、リアリティなき空疎なる韓国反日の象徴的な姿をみることができるだろう。

 また、日本側からも、3月27日付朝日新聞に載った若宮啓文論説主幹のコラムのように、「日本にはいまも植民地時代の反省を忘れた議論が横行する」「いっそのこと竹島を譲ってしまったら、と夢想する。見返りに韓国はこの英断をたたえ、竹島を『友情島』と呼ぶ」といったノー天気なことを書く向きもある。こういった日本側の「自虐」が、韓国側の「自尊」をより肥大化させていっているのだ。
呉 善花 拓植大学教授 
2005年 諸君6月号 





日本の左寄りの勢力に関してですが、sincerelee氏の分析の様な側面があった事も事実です。
* 自国(韓国)と対比させての分析が面白いですね。
しかし、日本では左寄りの勢力が日本の主流になるまでには到りませんでした。(教育界では主流になりましたが)
その理由として、個人的な観点からいくつか挙げてみます。


@ 天皇制の廃絶
→共産党や社会党は平等の観点から廃絶を訴え、一部には熱狂的に受けていたが、保守性向の日本人には逆作用した。
A 豊かさの到来が早かった。
→戦後は貧富の差が著しかったが、日本経済の回復も早く、各種技術の進歩により、労働状況や生活状況が劇的に改善されていった。
B 農村の保守性(@にも通じるが)
→多くの農村が自民党の票田。
C90年代に入って目の辺りにした、共産主義政権の没落。
→「左」思想が倒れていった共産主義政権と同一視される。



韓国と日本の左寄りの勢力の大きな違いは、ノムヒョン政権に通じる韓国の左翼は民族意識と左翼思想を融合させたのに対して、日本の左翼は天皇制廃絶に見られる様に、最後まで民族意識と左翼思想を融合出来なかった点だと思っています。

だから、民族意識に訴える韓国の左寄りと言われている人達は、日本から見ればとても右翼的に見えるのです。


・・とここまで書いて尻切れトンボ気味ですが、主題と離れつつあるので、この話はまたの機会にして終わります。




しかし、韓国の教育風土でsincerelee氏の様な人物が出てくる事が驚きですね(失礼!)
第2、第3のsincerelee氏も韓国各地に生まれているのでしょうか?
期待したいですね!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
これはこれは;;;

またわたしの拙文を紹介して頂きありがとうございます。

>日本では左寄りの勢力が日本の主流になるまでには到りませんでした。(教育界では主流になりましたが)

不幸中の幸い・・・というべきでしょうか。

仰る通り、韓国では左翼思想と民族意識が融合されたような気がします。もしこのまま統一に走ってしまったら、国が持ちません(まだ「時」ではないと思います)。本当、心配です・・・

それでは〜また参ります〜





sincerelee
2006/03/11 00:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
とある韓国人の3・1運動論 ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる