ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国海洋警察 国内漁船を対象に事前教育

<<   作成日時 : 2006/04/28 09:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【東海27日聯合】 江原道・東海海洋警察署は27日、日本の排他的経済水域(EEZ)で漁業を行う国内漁船を対象に、日本による拿捕(だほ)を防ぐため事前教育を強化すると明らかにした。
 
 海洋警察署によると、年初から現在まで、操業日誌の不携帯や記載漏れなどを理由に拿捕された国内漁船は4隻で、そのうち3隻が日本のEEZ内で摘発されている。日本の水路測量計画をめぐり韓日間の緊張が高まる中、拿捕など日本の強硬な対応で国民の感情がさらに高ぶり国際紛争に発展する可能性があるほか、担保金の納付で漁民の財産損失も懸念されるため、事前教育の強化を決めたという。


聯合ニュース(日本語版)
http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=622006042701600






EEZとは?

排他的経済水域(はいたてきけいざいすいいき、EEZ, exclusive economic zone)とは、国連海洋法条約に基づいて設定される経済的な主権がおよぶ水域のことを指す。沿岸国は国連海洋法条約に基づいた国内法を制定することで自国の沿岸から200海里(約370km<1海里=1852m>)の範囲内の水産資源および鉱物資源などの非生物資源の探査と開発に関する権利を得られる代わり、資源の管理や海洋汚染防止の義務を負う。

日本では1977年に改正された領海法と漁業水域に関する暫定措置法が施行されたことにより設定された。

海洋は自由航行の認められた公海と沿岸国の主権がおよぶ領海(外国船舶は無害通航権を行使すれば領海内でも航行できるが、沿岸国が設定する無害通航に関する法令の遵守を求められる)とに分けられる。領海について国によって様々な距離が主張された。多くは3海里ないし12海里であったが、中には200海里まで自国の領海であると主張する国が現れてきた。沿岸国に領海を認めることは慣習的に国際法として定着していたが、その距離については長年決着を見なかった。そこで国連が中心になり、沿岸国の権利と自由通航の確保を両立させるための条約制定会議が行われ、その結果定められたのが国連海洋法条約である。

つまり、排他的経済水域とは、沿岸国の権利と自由通航の確保という矛盾する要請を同時に満足させるための方策として考え出されたものである。200海里もの広範な領海を設定していた国の主張を経済的主権に限定して認める代わり、自由航行のできる水域を確保したのである。


排他的経済水域 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%92%E4%BB%96%E7%9A%84%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%B0%B4%E5%9F%9F



もっと簡単な説明はこちら

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/maishou/kotoba/news/20060419kei00s00s001000c.html
毎日小学生新聞より




日韓漁業協定の内容
日本の排他的経済水域(EEZ)における漁業
○ 日本が操業条件を決め、韓国漁船は日本の許可を受けて漁業をすることができます。   排他的経済水域(EEZ)
 天然資源の開発、利用について、沿岸国が排他的管轄権を持つ水域。沿岸から200海里(約370km)まで設定できますが、両国のEEZが重なる場合には、中間線を引くのが一般的です。

違法操業などの取締りは、日本の法令に従い、日本が行います。
韓国は、自国漁船に対して、操業条件や日本の法令などを守るよう必要な措置をとります。


鳥取県水産課のページより
http://www.pref.tottori.jp/suisan/nikkangyogyou/toppage.html




要は今までの様な違法操業をしなければ良いだけ。
それを取り締まれば、国民の感情がさらに高ぶり国際紛争に発展する可能性があるとは理解出来ない。

何よりも、今回の様な強硬な姿勢を日本側が見せたからこそ、事前教育が実施される事となりました。こうした日本側の姿勢の変化が無ければ、違法漁船は放置されていた可能性が高いですね。協定で操業条件や日本の法令を守るよう必要な措置をとると互いに取り決めを交わしていたのにも関わらず。

山陰沖で漁をされる漁業関係者の心労を察します・・・。




88 <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん sage New! 2006/04/27(木) 20:08:32 ID:DeaXkw2x
え〜と…

一応、交渉で相手側漁船に対する割当量があって、それに基づいて許可を受けた
韓国漁船が日本のEEZで操業することができる。

なのでまぁ、その規程に違反するような日誌の不携帯他違法操業すんな…って
こと(と好意的に解釈するとこうなる)


この漁獲割り当ての根拠になってる漁業協定を破棄しろって息巻いてるのが
韓国の一部政治家な訳だが…破棄していいかね?ホントに。


89 <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん New! 2006/04/27(木) 20:08:47 ID:h3SIeg8o
拿補だけの問題じゃなく、相手の資源を取るな、迷惑をかけるなと云う道徳を教えるべき
子供が大きな声で騒いでだら「他の人に叱られるから止めなさい」と言うのと同じ。「迷惑がかかるから静かにしなさい」でしょ










日韓の漁業問題について

発信竹島 〜真の日韓親善に向けて〜 : 第3部「過去の清算」−昭和から平成へ−(7)新漁業協定

 逃げ腰対応で好機逃す 下條正男・拓殖大教授に聞く

 竹島(韓国名・独島)の領有権問題をめぐり、戦後、韓国側の強硬姿勢に翻弄(ほんろう)され続けた日本側に1994年11月16日、千載一遇の好機が訪れる。漁業資源の保護をうたった国連の「海洋法条約」の発効。日韓両国が同条約を批准したことで、65年に調印された「日韓漁業協定」は存在理由を失い、棚上げされていた竹島の領有権問題も新展開が期待された。

 −国連の海洋法条約とは、どのようなものか。
 「漁業秩序の確立が目的の日韓漁業協定とは、基本理念がまったく異なる。日韓漁業協定は不法漁労の取り締まりについて、漁船が属す国に委ねる『旗国主義』に立つ。対する海洋法条約は沿海国が200カイリの排他的経済水域(EEZ)を定め、その海域の資源保護を目的に、沿海国が外国漁船の不法漁労を取り締まれる『沿海国主義』の立場をとった。この旗国主義から沿海国主義への転換は、従来の日韓の漁業秩序を根底から覆した」

 「日韓漁業協定の締結当時、韓国の漁業技術は未熟で、韓国漁船が日本沿海で漁労活動をすることはなかった。だが、技術の進歩で、日本沿海に出漁する韓国漁船が増え、その不法漁労が深刻な問題となった。にもかかわらず、韓国漁船が許されてない日本の沖合12カイリ以内で、稚魚まで根こそぎとり尽くす違法なトロール漁をしても、旗国主義に基づく日韓漁業協定を結ぶ日本政府は取り締まりができなかった。このため、日本近海は『乱獲の海』と化していた」

 −そういった韓国側が日本近海での違法操業を既得権化していた状況に、海洋法条約はどんな影響をもたらしたのか。
 「200カイリ以内の排他的経済水域の設定により、韓国漁船を実質的に日本近海から締め出すことができた。ただ、海洋法条約に基づき、新たな日韓漁業協定を締結するには、旧来の日韓漁業協定を破棄する必要があった。そこで浮上したのが、棚上げされてきた竹島の領有権問題だった」

 「韓国内では、海洋法条約による経済的損失額を最大3兆ウォンと見積もる試算もあり、死活問題とされた。そこで損失を最小限に抑えるよう、排他的経済水域の基点を竹島に置くべきとの声が高まった。そのため、韓国政府は竹島に接岸施設を計画し、完成すると、有人灯台の建設を始めた」

 −日本政府の対応は。
 「当時の日本の池田行彦外相が『竹島は日本の領土』と抗議したが、ただちに金泳三大統領が『そうした妄言は許さず、今後も断固対処する』と反発した。結局、橋本内閣は韓国内で日本糾弾の嵐が吹きあれ、反日の動きが高まると逃げ腰、腰砕けになってしまった」

 −その後の展開は。
 「韓国側に話し合う姿勢が見られないため、日本政府は1998年1月23日、日韓漁業協定で認められた権利に基づき、協定の終了を通告した。これに対し、韓国政府は『一方的な破棄は信義がない』とし、報復措置として、北海道沖などで不法漁労を強行した」

 「その後も交渉は続けられ、最終的に99年1月22日、新たな日韓漁業協定が発効したが、日本政府は竹島の領有権問題を打開する好機を逸し、日韓関係を『近くて遠い国』のままにしてしまった。そして、共同管理するはずの竹島周辺海域に、日本漁船は現在も近づけず、深刻な打撃を被っている

山陰中央新報より

http://www.sanin-chuo.co.jp/tokushu/modules/news/article.php?storyid=106287145




98年の共同宣言「日本が違反」=拉致は「別問題」−韓国高官

 【ソウル28日時事】韓国政府高官は28日、竹島(韓国名・独島)周辺海域の海洋調査をめぐる日韓の対立と関連して、「強硬な対応を取っているのは韓国ではなく日本だ」と非難した上で、日本側が1998年の「日韓共同宣言」に反する行動をしているとの考えを示した。


時事通信
http://www.jiji.com/cgi-bin/content.cgi?content=060428192143X429&genre=int


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国海洋警察 国内漁船を対象に事前教育 ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる