ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 【続】 社民党の阿部とも子衆議院議員の釈明

<<   作成日時 : 2007/01/25 20:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

社民党 阿部議員の発言のその後です。
阿部議員の対応には興味があったので、ウォッチしていましたが、私が知る範囲でお届けします。


まずは事件のまとめサイトより。

画像


http://wiki.nothing.sh/1070.html




文章を変えても、既に多くの人が変換前の文章を知っている、もしくは保存していた為、無駄だと悟ったのでしょうか。

2007/1/24に釈明文がメルマガで掲載されました。

以下、阿部議員のホームページより



 先回のメルマガには、たくさんのご意見を頂戴致しました。私自身の表現の足らぬ部分、また事実認識のあいまいさに起因する部分もあったと思います。そこで私の伝えたかったことと合わせ、皆さんからご指摘のあったことも含めて今回のメルマガとします。
 1995年1月17日未明の阪神淡路大震災は、6000人以上の尊い生命を奪い、家屋も街も瞬時に崩壊せしめました。
 この日、私自身は千葉県内の病院で小児科の仕事に追われながら、時折テレビに映る惨状を見て何か自分の予期し得ぬ重大なことが起こったことを感じてはおりましたが、日勤に引き続く夜勤でもあり夜中まで切れ間なく訪れる患者さんの対応に追われていました。
 やっと当直があけた翌18日の9時過ぎに突然、徳洲会グループの理事長である徳田虎雄氏から電話がありました。「何をしている。一刻も早く現地に行け!」というその声に押されるかのように徳洲会グループの医師達と大阪八尾徳洲会総合病院に集合、その後は病院から神戸の垂水病院に移動しましたが、到着したのは19日のことです。途中、大きくひしゃげた高速道路の橋げた、幅広くひび割れた道路など、テレビで送られる画像をはるかに上回る被害状況にそれこそ息を飲みました。
 以降、神戸の垂水病院を拠点に、見渡す限り焼け野原となった長田町や倒壊した家屋を目のあたりにしながら救急車に同乗していました。私自身の専門は小児科であるため、約一週間小学校内に臨時に設置された救援のテントで次々と避難してこられた方々の診療にもあたりましたが、命からがらの思いで逃げて来られた方々の中には、入れ歯すら持ち出すことができず食事も取れないご高齢者や子犬を必死に抱きしめてぼう然としている子供の姿など本当に胸がつまるものでした。
 そんな中でも、小学校の校庭の池にいる亀のまわりには子供達が集まり話を交わす光景もあり、どんな時にもやっぱり学校は地域の希望の場となっていることも実感しました。

 頂戴しましたご意見の中に、自衛隊が必死にがんばっていたことへの感謝が述べられたものも多々ありました。その通りだと思います。
 初動の遅れは、当時被災状況を迅速に把握し自衛隊の出動を要請する自治体側の被害がひどく、知事も含めて身動きがとれなかったこともあると思います。また、それを受ける内閣側の体制も情報収集など不十分でした。後にこの震災に学んで96年5月に内閣情報集約センターが設立されて今日に至っております。
 当時の内閣の最高責任者は村山首相であることから、村山首相の対応の遅れを指摘されるご意見もありますが、1月17日午前10時、国土庁長官を本部長とする非常災害対策本部を設置、午後4時に村山首相は、官邸で緊急記者会見を行い、万全の対策を講じることを表明しました。私を含めてだれもが未曾有の災害に対して、十分な判断や迅速な行動がなしえなかったことについて、多くの教訓が残されたと思います。
 その重い課題を受け止め、今なお癒えぬ被災者の抱える問題を解決するために今後も政治活動に努めます。
                                                 阿部知子

http://www.abetomoko.jp/


阿部議員には多くの批判が殺到していたと思いますが、それらは殆ど

・ 自衛隊の出動の遅れに対しての認識は誤りである。
・ 思想信条の為に事実を歪めるな
・ 当時の首相(社会党)の責任についてはどう認識しているのだ?

上記のものでした。
これらの批判に阿部議員は答えていません。

阿部議員が震災直後何をしていたかなど、誰も聞いていません。
わざわざ聞かれても居ない事に全体の半分以上も費やし、「私も震災直後に頑張ってたのよ!震災直後はこんなに悲惨な状況でした!」などの文は自己弁護と批判逸らしにしか見えません。

阿部議員の今回の釈明文で決定的なのは、これ。
痛いニュースさんから拝借。(2ちゃんねるでのコメントです)

457 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2007/01/25(木) 13:27:24 ID:iB/pn8FE0
前回の自衛隊批判は不適切でした、の一言がなぜ言えない


http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/906517.html



村山元首相に関しては、一応触れては居ますが、これだけ。


>当時の内閣の最高責任者は村山首相であることから、村山首相の対応の遅れを指摘されるご意見もありますが、1月17日午前10時、国土庁長官を本部長とする非常災害対策本部を設置、午後4時に村山首相は、官邸で緊急記者会見を行い、万全の対策を講じることを表明しました。


この点に関しては、初代安全保障室長、佐々敦行氏のblogから反論を引用
* 実はピーノは大学時代、佐々氏に安全保障論を教授して頂いた事があります。
佐々氏曰く、柔道部の恩師に頼まれて教えに来たという事でしたが、講義は佐々氏の実体験(浅間山荘事件等から)の教訓や自分の直属の上司であった後藤田氏を例に、危機管理に際しての君主論とも言うべきもので、とても面白かったです。当然人気も高く、毎回盛況でした。


阿部知子議員の発したメッセージについて

ここ数日、私のところに多くのメールが届きます。内容は阿部知子社民党議員が先頃、自身のホームページに掲載した以下のメッセージについてです。

「阪神大震災は12年目を迎えたが、国民を災害から守ることを任務とされているはずの自衛隊が、国(のち知事≠ノ訂正)による命令(のち要請≠ノ訂正)を受けて救援(のち本格救援≠ノ訂正)に向ったのは、数日を経て後のことであった。」

私は、これに反論したいと思います。

自衛隊は地震発生直後から派遣準備をはじめ、自衛隊法に基づきすみやかに兵庫県に対し派遣要請を促すよう連絡をとっています。しかしながら、県からは全然返事をもらえない状態で、航空偵察や小規模の近傍出動、派遣準備にとどまるしかありませんでした。

ようやく10時に県知事から派遣要請が入り、本格的災害救助活動を開始できたのです。 海上では、地震発生後すぐに神戸港に向かって4隻の自衛艦が向かいましたが、それを受け入れる兵庫県や神戸市の対応が遅れ、翌日10時まで、これらの艦船は神戸港に入港できない有様でした。

兵庫県や神戸市は、これまで自衛隊と共同の防災訓練をしたことがなかったのです。

救助活動に関しても、彼らは今よりも大きく権限が制限されていた当時の自衛隊法の範囲で、できることを精一杯やったと、私は大きく評価しています。

震災の2日後に当時の官房副長官が自衛隊の初動の遅れを指摘した発言もありましたが、もし地震発生と同時に一斉に数万の自衛官が現場に出動していたら、それこそ当時の法の下ではシビリアンコントロールの観点から大問題になったことでしょう。

彼女のメッセージの中では、何を根拠に「数日を経て後のこと」となったのでしょうか。



一方、政府は何をしていたか。

ときの、村山富市総理に地震の第一報が入ったのは地震発生から1時間半以上たった午前7時30分頃。

村山富市総理はその後も予定通り経済報告閣僚会議や地球環境の懇話会に出席しているのです。

定例(緊急ではない)閣議のあと、この地震対応について非常災害対策本部(国土庁長官指揮、総理指揮の緊急災害対策本部ではない)の設置にとどめたのは、いま彼女が所属する社民党の前身政党・社会党内閣です。

さらに、総理が現地視察をしたのは1月19日。

帰京直後の記者会見で「(総理指揮の)緊急災害対策本部を設置する」と述べたものの、夜になって撤回し、とうとう総理が陣頭指揮をとることはありませんでした。


災害時も含め、国民の生命・身体・財産を護るのは国家の最大の任務であり、その長は言うまでもなく内閣総理大臣なのです。



犠牲者6434名をだし、約10兆円の国富を灰燼に帰した責任がどこにあるのかは、明確でしょう。



私の著書『危機管理宰相論』には、阪神大震災の際の初動措置や当時の国家危機管理システムの問題点が、当時の事実と共に書いてあります。

また、衆議院公聴会の議事録も掲載してあります。

彼女が議員になられたのは2000年とのことで、経歴も浅いことは承知しています。

しかし、現在社民党の政策審議会会長という責任ある立場でご発言をなさるのであれば、きちんと勉強してから意見を述べるべきです。

当時の事実関係を詳しく調べることなく、法律を読むことなくいたずらに批判をすることは、極めて愚かなことであります。


http://www.sassaoffice.com/index.htm




阿部議員は最後にこう結んでいます。

 私を含めてだれもが未曾有の災害に対して、十分な判断や迅速な行動がなしえなかったことについて、多くの教訓が残されたと思います。
 その重い課題を受け止め、今なお癒えぬ被災者の抱える問題を解決するために今後も政治活動に努めます。


多くの教訓と言いながら、その教訓をきちんと理解していないのはあなた、そしてあなたの属する党なのではないでしょうか。
仮に社民党が政権与党になったとして、再び危機が起こった時に、貴方達はまた同じ過ちを繰り返すのでしょうね。



過去記事

■ 社民党の阿部とも子衆議院議員がHP上でトンデモ発言
http://pinoccio.at.webry.info/200701/article_13.html




重大事件に学ぶ「危機管理」
重大事件に学ぶ「危機管理」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
海自がピースボートを護衛 ソマリア沖
「反対…でも守って」 海自がピースボートを護衛 ソマリア沖  海賊対策のためアフリカ・ソマリア沖に展開中の海上自衛隊の護衛艦が、民間国際交流団体「ピースボート」の船旅の旅客船を護衛したことが13日、分かった。ピースボートは海賊対策での海自派遣に反対しており、主張とのギャップは議論を呼びそうだ。 ...続きを見る
ピーノの独り言
2009/05/14 20:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【続】 社民党の阿部とも子衆議院議員の釈明 ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる