ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 幸せな併合生活について考えるスレ

<<   作成日時 : 2007/02/09 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

エンコリで面白い投稿がありましたので、紹介します。

幸せな併合生活について考えるスレ | 伝統文化・伝統芸能
No.1585282 投稿者: pincho9jp 作成日: 2007-02-09 19:38:38


ハイ、DJ pinchoです。近代に差し掛かった国家なら誰でも気になるのが、併合とか植民地に関する問題ですよね? 

このごろ人口も膨張してきたし、海外に植民地を持ちたいなあとか、「でも、植民地にはされたくない!」とか、どこかに良い相手がいたら併合して、国力を強くしたいなとか、思うでしょ? 併合、、まで踏み切れなくて、連邦制とか保護国とか、そういう感じで互いに様子を見るという人もいるかな?

「私は併合なんかしないし、されないの。民族国家としての純潔を守って生きるわ!」なんていう強い人もいるかもしれないけど、夜中にふと一人の寂しさに耐えられなくなって「併合……されちゃおうかしら」なんて考えたり。

でも、一口に「併合」って言っても、今まで別々の歴史や文化を持って生きてきた国家同士、色々なトラブルがあって、結局分裂……なんていうケースも。

今日は、そんな併合についてのお便りをもとに、色々な併合について皆さんと考えてみようと思います。



こんばんは。私は東アジアにある半万年の国家です。60年ほど前に、足かけ36年の併合生活にピリオドを打ち、相手と別れました。併合の直前には数カ国の候補者が居て気持ちが揺れ動いていましたが、最終的には将来性を見て相手を決めました。併合の当初は、それなりに幸せでした。

ところが、彼が突然強大国に喧嘩を売りつけてからというもの私たちの国家は困窮してしまいました。私が憧れていた併合生活は、私自身は特に何もしなくても、相手が全て気を配ってくれて、本を読んだりホルホルしたりして暮らせるような有閑マダム生活だったのに……。

最初は「大丈夫。お前まで徴兵することは無いから」と言っていたけど、最後には「これは国家の総力戦なんだ!」って険しい顔で怒鳴るようになりました。併合当初の優しかったあの人はどこ? 私は泣いて暮らしました。

そのうち、私たちが戦った相手の国家が、我が物顔でやってきました。私たちは負けたのです。でもその人は私に優しく言いました。「君は仕方なく手伝っただけだよね? 君は悪くないよ」私は思わずホルホルしました。それからはその人の言うままに、36年の併合生活を捨てて独立しました。辛かった併合生活に見切りを付けて、新しい事大の予感に胸をときめかせて。

でも、あれから60年経った今、時々「また、やりなおしたいな」と思ったりもするんです。別れたあの人は、その後瞬く間に経済大国に復活しました。困ったときには援助金をくれました。ときどき、幸せだった併合生活のことを思い出したりします。こんな私は身勝手な国家でしょうか……?




――う〜ん。「国と国との間には、見えない国境線がある」なんて諺もありますし、難しいですね。私には分からないです。みのぴんちょさんはどう思いますか?

あのね、お嬢さん。それは別れて正解。率直に言ってあなた、相手のことを愛していなかったでしょ? 世の中にはね、探せばもっと他に良い事大相手がいくらでも、沢山いるから。いい? わかった? 幸せになってね

――細木ぴんちょさんのご意見はどうでしょう?

まず、この人は何かを勘違いしてるのね。併合を申し込んだのがどちらなのか分かりませんけどね、一度併合した以上は最後まで添い遂げる。
この覚悟がなければ併合は駄目なんです。併合相手が負けた途端にとっとと見限って、「自分は関係ありません」「36年の併合生活の全てが苦しいことばかりだった」なんてね、そんなのは通らないの。
その場その場で強そうな相手に事大して相手を乗り換える。
いつまで経っても自立できない。
それでいて困ったときには金を出せってね、そんな風に生きていて幸せになれるはずがないでしょう。――あなたには2002年、大サッカー会という大きな国家の転機があったでしょう。スタジアムの建設も進まず、マスコットキャラクターも気持ち悪いし、それでも成功に終わったのは、あなたが努力したおかげもあるけれど、別れた相手が援助してくれたことも大きかった。あなたはそれに、感謝の気持ちを持っているの? 
都合の良いときだけ利用しようと考えているようでは、いつまで経っても国家の信頼は築けません。これは断言できます




――まあ、なんというか、併合したいときが併合のしどきと言いますし、

思い立ったら、Hey, Go!って感じですかね。

それでは今日はこのへんで、さようなら。












日韓併合の真実―韓国史家の証言
日韓併合の真実―韓国史家の証言

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時

自分的な結論はここですね^^

>併合相手が負けた途端にとっとと見限って、「自分は関係ありません」「36年の併合生活の全てが苦しいことばかりだった」なんてね、そんなのは通らないの。
sincerelee
2007/02/11 19:30
まぁ、韓国の場合は新しい主人(李承晩や自称独立運動家)が政権を取りましたからね。。自分達の統治期間に日本時代よりも悪くなったなど認められるはずもなく、国民を欺く為にも反日を利用していただけなのですけれどね。
統治時代について、感謝しろなんて言う気持ちはありません。韓国人のプライドを傷つけた事も事実です。
しかし、少なくとも「事実」を知っても良い時期に来ているとは思うのですけれどね^^;
ピーノ
2007/02/20 21:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
幸せな併合生活について考えるスレ ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる