ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS YOKO狂騒曲 第五章 〜民族主義に警鐘を鳴らす記事が韓国メディアに登場〜

<<   作成日時 : 2007/02/19 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007.02.15 14:39
[記者の目] ‘遠い国隣国’と ‘洋子話’
民族主義は因果応報のイデオロギーだ
イムセファン記者



アメリカ国内ユダヤ人たちが韓国のベストセラーマンガ ‘遠い国隣国(徳性旅大李院服教授あの)’に怒った. ユダヤ人を卑下じる内容があるというのだ. アメリカ国内で莫大な富を引っつかんだ勢力としてのユダヤ人たちが 9.11 テロの原因になったし, 韓国人アメリカンドリームの最後の障害物もユダヤ人というなどの内容が問題になった.



著者である李院服教授がアメリカ国内ユダヤ人たちのこのような問題申し立てを受け入れるか, アンウルジは李院服教授の所信の問題だ. それと別個で韓国人たちがすべて一緒に考えて見なければならない問題は ‘遠い国隣国’のユダヤ人卑下論難が ‘洋子話’を取り囲んだ最近の論難と似た形というのだ.


韓国人たちの中で一部は ‘洋子話’が嘘と言いながら著者である洋子カワシマワトキンスに謝りを要請した. 洋子は韓国人たちの感情を刺激してすみませんが, ‘洋子話’は自分が直接経験した事を使ったことだと解き明かした. ところで怒った一部韓国人たちの感情は洋子の解明にも満足しなかった. 洋子話を取り囲んだ論難はアメリカから大型訴訟で飛話される兆しというのが, 最近言論の見. アメリカ国内 ‘塗ったアジア歴史教育のための親回の’という団体で洋子話が歴史を歪曲しただけでなく誤った事実を学生たちに教えて被害が発生していると訴訟を準備中のことと知られた.

洋子話に怒った人々が洋子話を読んで見たのか,読んで無いのかはわからない. 人々は ‘洋子話’に 1945年韓国の解放直前に韓国にあった日本人たちを暴行をはたらく韓国人たち話が登場するという点に怒る. ところで実際に韓国のネチズン世の中で拡散した論難の内容は, ‘洋子のお父さんが 731部隊に勤めた’という小説以外の内容や, それとも ‘洋子が自分が幼い時代を過ごした咸境道ナナムに竹があったと言うのに, ナナムには竹が伸びないので小説は虚構だ’ 位だ.

‘洋子話’を読んで見れば, 洋子のお兄さんが韓国を脱出する過程で韓国人家族から命をかけた助けを借りた内容も出る. いっしょに韓国から帰って来た洋子に対する日本人たちの冷たい冷待と係わった話もある. ‘洋子話’は洋子という実際人物の幼い時代に関する話であって, 反韓国(反韓)小説ではない. あわせて韓国歴史教科書収区会と日本歴史教育研究会が一緒に作った ‘韓日交流の歴史―プレゼントから現代まで’には 1945年解放前後 38線以北で韓国人たちが日本人に加えた暴力の歴史が収録されている.

それにもかかわらず多い韓国人たちは相変らず洋子話が虚構で, 歪曲だと主張する. ‘問わないで’, ‘マッカ派’式民族主義感情がイデオロギーと作用している.

同じく ‘遠い国隣国’に対するアメリカ国内ユダヤ人たちの批判にはユダヤ人たちの民族的感情が作用している. ユダヤ人たちも韓国人程民族主義性向が強い. ユダヤ人たちがアメリカで力強い財力家で存在することは事実だ. ユダヤ人たちはその富力を利用してアメリカ政府が紐帯民族に役に立つ政策を決めて行くようにロビーをする. 中東に対するアメリカの敵対的な政策にはもちろん中東の石油と中東のテロリズムなど多くの要因が作用したが, アラブ世界に敵対的なユダヤ人たちのアメリカ国内地位も関連があると思う のをユダヤ人に対する卑下, あるいは歪曲だと言うことは難しい.

問題は李院服教授が, あるいは韓国人たちがそんな論理たちを根拠で立ててユダヤ人たちの民族主義的感性興奮状態を相対するほど正当なのかにある. ユダヤ人の民族主義にそんな寛容を望んだら, 同じく日本人戦争被害者たちが, あるいは洋子が韓国の民族主義的感性に同じの寛容を望む時, その寛容を行使する寛大さが先行されなければならない.

民族主義は歴史の流れの中でずっと循環して加害者を被害者で, 被害者を加害者に作り出す. 1917年ロシア革命の前, ロシア皇帝の圧制からポーランドを解放させるために争ったポーランドの民族主義が 第2次世界大戦当時にはポーランドの解放運動に一緒にしたポーランドユダヤ人たちを弾圧するイデオロギーで化けたように(映画シンドラーリスト, 当時 300万名のポーランドユダヤ人たちが命を失った). また 2次大戦当時ゲルマン民族主義ファシズムによって莫大な被害を被ったユダヤ人たちが今日パレスチナ民族に対する苛酷な弾圧者役目をすることのように.

日本の第2次世界大戦当時民族優越株の-大東亜注意と対立して戦った韓国の民族主義は今日働き口を求めて韓国へ来た東南アジア民族たちに対する理由のない差別で, 洋子話を書いた著者洋子に対する非理性的人格冒涜にまで発現されている. 韓国人の民族主義はその瞬間にユダヤ人の民族主義と出くわした.


http://www.prometheus.co.kr/articles/101/20070215/20070215143901.html
原文は韓国語 (和訳は機械翻訳)




この記事に対するコメント

洋子話 2007.02.15 22:31

洋子話を読んで見た人だ. 記者は読んで見たはずだ.
洋子という女がどんな小説を書いたのかそれは個人の自由だ.
アメリカを帝国主義集団で表現をした....日本を世の中で一番住みやすい地上楽園で漂砂をしていたか自由だろう.
しかし韓国人が洋子話に興奮することは筆者の態度だ.
筆者は自分の話を間違いない事実だと主張しているという点だ.
根拠なしに自分の文をまるでシルファインニャング主張することは問題が深刻だ.
単純に書店で売れる小説なんかを問題視したのではない.
アメリカ正規学校で教科課程に教えるという点を指摘したい.
歴史意識もまともに確立されない小学生にこの文の与える波長はすごいだろう.
また, 筆者が根拠で立てている証拠たちも大部分事実ではないとか記憶にないという式で不正確な言葉を繰り返しているという点だ.
この事件は明白だ. 著者が文が事実という証拠を提示することができなかったら単純に小説に恥部されられて教科課程で教える時虚構という事実を子供野に知らせてくれなければならないし教科課程で抜くのが教育的に正しい.
また日本は世界大戦を起こして多くの人々に苦痛を与えたという事実も教えなければならない.
遠い国隣国は一教授が書いた軽い文だ.
教科書に載せられるのもアンアッだけではなく. ユダヤ人の立場(入場)では気持ちナプルスある文だ.
公式的な謝りを要請するからといってすぐ謝った教授の資質の問題だ...事実ではないことをサシルインニャング主張した文ではない.





>単純に書店で売れる小説なんかを問題視したのではない.>アメリカ正規学校で教科課程に教えるという点を指摘したい.
>歴史意識もまともに確立されない小学生にこの文の与える波長はすごいだろう.


竹島や日本統治時代について、歴史意識もまともに確立されない小学生に、刷り込み教育を行っている自国の事は無視ですか?



>事実という証拠を提示することができなかったら単純に小説に恥部>されられて教科課程で教える時虚構という事実を子供野に知らせてくれなければならないし>教科課程で抜くのが教育的に正しい.

慰安婦問題も同じですね。
結局、証拠は提示されていませんが?



その他のコメントも、誹謗や批判ばかりでした。
批判にしても、的外れなものばかりです。


エンコリ(日韓掲示板)で韓国人の次のコメントを思い出します。


韓国では悪口が多いです。
掲示板で悪口を諌めた事があったが、逆に攻撃された。
以後、諌める事はやめました。



一連のYoko物語シリーズも第五章まで来ましたが、どの様な終章を迎えるのでしょうか。
今回は舞台がアメリカという事もあり、また、Occidentalismまで拡がって議論が進んでいる事もあり、日本人以外の説を目の当たりにした韓国人が、自己を客観視出来る良い機会だと思います。
ただ、それが彼らに見えるのかどうか。

まだまだ気付くのは無理かな。




関連過去記事


■ YOKO狂騒曲 第四章 〜Yoko批判の米国人 そんなことは言って無い〜
http://pinoccio.at.webry.info/200702/article_14.html

■ YOKO狂騒曲 第三章 〜著者からの反論〜
http://pinoccio.at.webry.info/200702/article_7.html

■ YOKO狂騒曲 第二章 〜狂騒は続く〜
http://pinoccio.at.webry.info/200701/article_15.html

■ YOKO狂騒曲を眺めて 韓国人が認めたくない歴史
http://pinoccio.at.webry.info/200701/article_10.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
YOKO狂騒曲 第六章 〜議論の舞台は海外blogへ〜
Still No Response from Daniel Barenblatt依然として、ダニエル・バレンブラット氏から返事がありません。 ...続きを見る
ピーノの独り言
2007/02/23 21:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自己を客観視できたら朝鮮民族でなくなりますヨ。
南 矢念
2007/02/19 21:27
>南 矢念さん

確かに、韓国人的情緒では無くなってしまうかもしれませんね。。そして、「まとも」になってしまえば、エンコリや2ちゃんの韓国関係板もきっと廃れてしまうことでしょう。
それもまた、寂しいかもw

ピーノ
2007/02/20 21:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
YOKO狂騒曲 第五章 〜民族主義に警鐘を鳴らす記事が韓国メディアに登場〜 ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる