ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 慰安婦問題 マイク・ホンダ氏が報道2001で語る

<<   作成日時 : 2007/02/25 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2月25日(日)のフジテレビ報道2001で、マイク・ホンダ氏が登場しました。
マイク・ホンダ氏については、キャスターとの一問一答ですが、この後に慰安婦問題について櫻井よしこ氏らの議論もあり、見応えがある構成でした。
* 議論途中で前原氏が「従軍慰安婦」と発言したことについて、櫻井女史からの鋭い突っ込みがあったりと、面白かったですね。

参加者: 櫻井よしこ 前原誠司 稲田朋美 山本一太


http://video.mina-kuru.jp/soft_detail.html?softsq=1042

リンク先が切れていたらすみません。




こちらは、これを報道した産経新聞の記事です。

 米下院に慰安婦問題をめぐる対日非難決議案を提出したマイク・ホンダ議員(民主)が25日、フジテレビの 「報道2001」に中継で出演し、決議案が「日本軍による強制的な性奴隷化」などと軍による強制連行を一方的に断定している根拠について、「官房長官談話が出て、首相が謝っている。実際に(強制連行が)なければどうしてそういうことが起こるのか」と述べ、平成5年の河野洋平官房長官談話を挙げた。

 これに対し、日本側の出演者は「日本政府に謝罪を求めながら、強制連行の根拠を『日本の首相が謝罪しているからだ』というのは論理矛盾だ」(山本一太参院議員)などと反論。日本政府の対応にも注文が相次いだ。

 ホンダ氏は、自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」が河野談話の修正を求めていることについて、「議員が声明の内容を変えようとしている。本当は心から謝っていないのではないか」と非難。レーガン政権が1988年、第2次世界大戦中に強制収容した日系人に謝罪と補償をした例を挙げ、日本政府がこれに習うよう訴えた。また、決議案が日米関係に及ぼす影響について「日米関係をさらに強固にする」と述べた。

 河野談話をめぐっては、安倍晋三首相が昨年10月の国会答弁で「狭義の強制性(強制連行)を裏付けるものは出てきていない」と強調。首相サイドでは部分修正を模索する動きも出ている。

(2007/02/25 19:00)


http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070225/wdi070225004.htm






日韓「歴史問題」の真実 「朝鮮人強制連行」「慰安婦問題」を捏造したのは誰か
日韓「歴史問題」の真実 「朝鮮人強制連行」「慰安婦問題」を捏造したのは誰か

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
慰安婦問題 マイク・ホンダ氏が報道2001で語る ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる