ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国民族問題研究所 独立功労者に朝日、河野氏の2人を推薦

<<   作成日時 : 2007/03/01 17:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

民族問題研究所、独立功労者に日本人2人を推薦

 民族問題研究所が、日本統治時代に農地を奪われた農民らの土地を取り戻すための訴訟を支援した日本人2人(いずれも故人)を、国家報勲処(国家功労者に対する援護・褒賞活動などを担当する機関)に独立功労者として申請する方針を決めた。

 民族問題研究所は1991年に設立された非営利の民間研究所で、親日派(日本の統治に協力した人々)の問題を中心に研究し、『親日派人名辞典』の編さんなどの活動を行ってきた。

 同研究所が独立功労者として推薦することを決めた日本人は、河野ぶすのすけ氏(1878−1956)と朝日見瑞(あさひ・けんずい、1898−1988年)
の2人。

 同研究所によると、弁護士だった河野氏は、1909年から3年間に親日派の代表人物である李完用と結託し、全羅南道の荷衣島にある農地の所有権を不法登記した朝鮮人地主らを相手取り、農地を取り上げられた農民らが起こした訴訟を支援し、勝訴に導いたという。

 また、労働運動家だった朝日氏は、1927年末に荷衣島へ渡り、農地の所有権返還運動で中心となった農民組合の結成を支援し、日本の警察に逮捕され28年11月に日本へ強制送還されたという。

オ・ユンヒ記者

朝鮮日報/朝鮮日報JNS

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2007/03/01/20070301000032.html




推薦された日本人の名前が河野と朝日。
狙ってやっているのかっっっ!wと言いたくなる程の偶然の一致ですね。
最初見たときは、トンデモ記事かと思いましたが、一応、クオリティペーパーである朝鮮日報でございますか。

それならば、両苗字の韓国内でのイメージアップを計る援護射撃かと邪推したくもなりますが。。


さて、まじめに読み返してみるとして、日本の韓国併合は1910年8月22日です。
朝鮮総督府は併合後の1910年から1919年に土地調査事業に基づき測量を行ない、土地の所有権を確定しました。
この際に申告された土地の99%以上は地主の申告通りに所有権が認められた為、上記の様に虚偽の申告で、文字が読めなく、情報に疎い農民達の農地を自分の土地としてくる輩も少なからず居た模様。
その農民達の土地を取り戻す為に助力したのが、上記の河野弁護士ということ。
朝鮮人地主に奪われかけた農民達の土地を、日本の弁護士が日本の法律で擁護したという話なのですが、ウリナラフィルターによると、どうも具合が悪いのか、「親日派の代表人物である李完用と結託し」なんて言葉が突然飛び出して来ます。
勿論、韓国全土の個々の地主の所業を李完用が把握している訳は無く、現代で言えば、新潟県にある佐渡島の個人所有地を他の地主が不法登記していたという問題に、単に行政のトップが安倍首相だからと、「安倍と結託していた」なんて言っているだけ。
まぁ、李完用というキーワードを無理に押し込んでいる所に演出の苦しさが伺えますが。


朝日氏は戦後松下労組の労働組合長を務めた人物。
この人物についても詳しくはわかりませんが、昭和51年5月23日の松下労組結成30周年時には、松下幸之助氏と式場で握手している様子が松下のホームページでも見られます。

松下幸之助の生涯より
http://panasonic.co.jp/company/person/life/cl_0145.html



それにしても、今日は韓国内の3.1独立記念日。
電波ゆんゆんな発言、記事が盛りだくさんです。もうお腹一杯。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国民族問題研究所 独立功労者に朝日、河野氏の2人を推薦 ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる