ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 新型インフルエンザ ネット上で総理が国民に訴えかける

<<   作成日時 : 2009/05/15 14:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 新型インフルエンザに関して、以前記事にも書きましたが、ピーノの親族に医師が居ますので、会った時に話を聞いています。政府発表の通りで、政府が何か隠しているという事は無い模様。対応は特に問題無し。
 だから、今回の件に関して、まだ一部騒いでいるところがあるみたいですが、そろそろ落ち着いてもいい頃かと思います。

前記事はこちら
http://pinoccio.at.webry.info/200905/article_2.html







こういった放送は地上波で流さないのかな。

 メディアは政府を監視するという反体制的なスタンスを気取る前に、「正しい情報」を伝えるようにして欲しい。
何やら政権を擁護すれば御用マスコミになりさがるだとか、政権批判をしなければならないという変な使命感があるみたいですが、「良い」、「悪い」を判断するのは国民のはずです。成果があるのならば、それは続ければいいし、政権を続けて託してみようか等という判断にもなるでしょう。しかし、御用マスコミになるのを恐れて批判報道しか無ければ、それはそれで判断材料を奪っているのと同じこと。

 例えば、あなたが上司で部下の仕事ぶりを評価する際に、「彼は漢字の読み間違いをしました。」「彼はホテルで食事をしていました。」「彼は新聞記者に対して厳しい態度を取っているみたいです。」「彼は二世です。」という報告ばかりが上がって来たら、どう思いますか?
 「で、それは会社に何か不利益をもたらしているの?このプロジェクトに対してどういうアプローチをして、成果はどうだったのか、きちんとした報告を上げてくれ。。」と思うのが普通だと思いますけれど。
 
 メディアは社会の木鐸と自認している様ではありますが、少なからずその木鐸が「扇動の木鐸」と化している。
 新型インフルエンザの報道も当初はワーッと「危険でまるで死に至る感染症」の様な印象を振りまいて、それが次は「政府の対応は過剰」「マスクや手洗いをお上に指図されるいわれはない」など極端。
 自ら騒いだ後は、騒ぎすぎと言いながらも感染者の疑いがあればメディアスクラムで連日報道。情報は消費されるだけで、検証よりは新しい情報にどんどん飛びついていく。賞味期限が切れた情報には、自分達が振りまいた結果を省みることなく、さっと次の情報に飛び移って視聴率を稼ぐ。まるで、何事も無かったかのように。
 まぁ、商売ですから、売るために情報を得たり、売れそうな情報を集めるのはある程度仕方無いとしても、節操が無いですね。
 ワイドショーはワイドショーで、ニュースや報道とは一線を画して欲しいものです。



【追記】

国立感染症研究所 感染症情報センター (インフルエンザ)
WHO発表の確定例 (日本時間 2009年5月16日 午後4時現在)
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/case2009/090517case.html


感染症診療の原則
問題発言続出の記事より抜粋

思考停止症候群が増えています。
正直ウイルスよりもこの人たちのほうが怖いですね。


学校でインフルエンザがアウトブレイクし、学級閉鎖などがよくおこるのは密なコンタクトで広がりやすいからです。

米国のアウトブレイク報告で学校内あるいはスポーツ交流でMRSA感染などが増えています。タオルの共有はダメよ、、なんてのが介入ですが。

でもスポーツ大会は中止にはなりません。

とるべき対応は傷を覆うとか、受傷したら早めに適切な手当てをする、タオルを自前にするということであり、会場をバンコマイシンで消毒するとか、バンコマイシン入りシャンプーで洗いましょうとかいうことではありません。

ホテルの大会場で密度も高くない学会が中止だと人気レストランなんかもってのほかですし、そこまで人の接触をたちきらないといけないほどの感染症ならば電車もとめて交通封鎖るレベルの話ですね。

メディアでみかける「感染経路を特定する!」とか鼻息あらい人は皆よくみると素人です。感染症対策が何かわかっていない以前に「インフルエンザがどういう病気か」がわかっていないんだな、とわかります。

人を「県名」で差別する発言まで出ています。専門家(になる学生)の皆さんは自分の発言が社会に与えるメッセージ性をよく考えましょう。

2009-05-18
http://blog.goo.ne.jp/idconsult/e/f0574317f468fcadab059711f79c30ce



>感染症対策が何かわかっていない以前に「インフルエンザがどういう病気か」がわかっていないんだな

その通りですね。「インフルエンザがどういう病気か」わかっていないから、皆右往左往する。
そして、これを祭りの様に捉えて大はしゃぎする人間が居る。
学校や政府機関も批判に晒される事を恐れて、却って行き過ぎた対応に終始してしまう。
当初、情報がまだ入って来ていない状況ならともかく、これだけウイルスに関して情報が入って来ているのだから、
そろそろ騒ぎを煽るのは止めて欲しいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新型インフルエンザ ネット上で総理が国民に訴えかける ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる