ピーノの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)について

<<   作成日時 : 2009/05/10 01:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

ピーノの親族には、某有名病院の要職に就いている医師が居られます。


最近、お会いして話をする機会があったので、新型インフルエンザに関して聞いてみました。
あくまでも、聞いた話ではありますが、参考になれば幸いです。

Q: 新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)は何が脅威なの?
A: 従来のインフルエンザに比べ、感染力が強い。故に、少数の保菌者からあっという間に拡がる可能性が高い。

Q: ニュースでは連日報道しているけれど、本当に言われている程危険なの?
A: 実はウイルス自体弱毒性だから、そんなに恐れる事は無い。人への危険度ならば、従来のインフルエンザと同じ。健康な成人であれば、ほぼ死に至ることは無いと思うよ。ただ、抵抗力が弱い高齢者や乳幼児ならば、死に至る可能性はある。でも、従来のインフルエンザでもその危険性は同じなんだ。つまり、何が危険かと言うと、さっきも言った様に従来のインフルエンザに比べて、感染力が強い事。君なら普通に生活をしていれば、仮に感染したとしても大丈夫だよ。

Q: 国内の病院は対応出来るの?
A: 国立病院やその他大手の病院なら大丈夫だろうね。このウイルスにはタミフルが効くことがわかってるし、そうした病院では用意しているから大丈夫。

Q: タミフルの副作用は?
A: 一部で報道されている様な危険な薬ではないよ。インフルエンザにはこれが一番良く効く薬だということは実証されているし、我々も普通に患者に出しているよ。



そして、ウイルスへの効果的な対応は以下の通り


・ 免疫力の低下は感染しやすい状態を作るため、偏らない十分な栄養や睡眠休息を十分とること。

・ 石鹸による手洗いの励行や、手で目や口を触らないこと、手袋やマスクの着用といった物理的な方法でウイルスへの接触や体内への進入を減らす。

・ 感染の可能性が考えられる場所に長時間いることを避けた方が良い。人ごみや感染者のいる場所を避けるなど。予防にマスクを用いた場合は速やかに処分する。

・ 換気をこまめに行う。空気清浄機などでもOK。部屋の湿度(50〜60パーセント)を保つ。これにより、ウィルスを追い出し飛沫感染の確率を大幅に減らすことが可能。

・ 予防効果としてのうがいは非常に有効。 ただ、ウィルスは口や喉の粘膜に付着してから細胞内に侵入するまで20分位しかかからないので、人ごみから帰ったらなるべく早めにした方がいい。

・ ウイルスは日光や消毒薬に非常に弱いため、衣類に唾液・くしゃみ等が付着したものからの感染は考えにくいが、一応こまめに洗濯した方がよい。



まとめ

☆ 今回のウイルスは感染力が脅威。
☆ 従来のインフルエンザと比べて特に致死性が高いという事は無い。
☆ ウイルスへの対処は従来のインフルエンザと同等で良い。
☆ 国内の病院は対応可能。また、タミフルが効く。
☆ 抵抗力の弱い高齢者や乳幼児には危険だが、これは従来のインフルエンザも同じ。成人ならそれほど恐れる事は無い。


付け加えて、対応の遅れはやはりメキシコからの情報が非常に少なかった事が大きいとの事。
そして、不衛生な環境が感染を拡大させた可能性が高いとの事。 故に、日本ならばあの様な感染は考えにくい。
従来のインフルエンザ通り、手洗い、うがいをきちんとして、不衛生、不摂生な生活を送らなければ大丈夫。
子供や老人は気を付けた方が良いが、仮に掛かったとして、気をつけなければいけないのは二次感染。
周りに撒き散らさない様に、必ずマスクをして感染を抑える事が必要。


参考までに
国立感染症研究所 感染症情報センター (インフルエンザ)
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/index.html

WHO発表の確定例 各国の感染状況 CFR = Case Fatality Rate (致死率)が見られます。
これを見ると、致死において、メキシコ以外の国に被害が殆ど無いのが伺えます。
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/case2009/090508case.html



不謹慎な言い方ではありますが、毎年インフルエンザによる死者は出ています。
感染力が強いので、水際で止めること、そして感染を抑える事は必要ですが、それ以上に騒ぐ必要は無いかと思います。 手洗いにうがい、そして不摂生をしないこと。 こういう当たり前の事をしていれば大丈夫なのですね。


【5/10 更新分】

ウイルスは弱毒性、米もWHOも冷静対応目立つ
新型インフルエンザの感染例が最初に見つかってから3週間以上たつ米国では、ウイルスの毒性が弱いとわかってきたこともあり、冷静な対応が目立っている。

 米疾病対策センター(CDC)は1日、疑わしい生徒が見つかった学校に14日間の休校を勧告。一時700校が休校したが、ウイルスが「弱毒性」であることがはっきりしたことを受け、休校勧告は6日に撤回され、大半の学校が再開した。

 世界保健機関(WHO)も、国民生活や経済活動を過度に制約する対策を勧めていない。警戒水準については最高の「フェーズ6」への引き上げを検討しているが、渡航制限や国境閉鎖は引き続き行わないよう各国に要請する方針だ。

 シルビ・ブリアン・インフルエンザ対策部長代理は8日、空港での水際対策の限界を指摘。軽症者がほとんどという「実態」に「対策」を合わせるべきだと述べ、「封じ込め」より感染の早期発見、早期治療の方が重要になるとの見解を示した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090509-00000905-yom-int



お笑い芸人 カンニング竹山氏のブログより 
以下引用

現代日本への警鐘 その172

何だか俺には豚インフルエンザが出るのを今か今かとどうも待っているような気がしてならない。
もちろんもし感染者がでたとしたら、急ぎその感染ルートを究明し、その患者さんと関った人達に情報を流さなければならないとは思うが、何だかあまりに騒ぎすぎていて、豚インフルエンザは死の病気だ、感染したら死んでしまうぞ的な扱いにどうもなっていっているような気がしてならない

http://web-davinci.jp/contents/takeyama/contents/20090507.php


 当初の報道から、私も竹山氏と全く同じ感覚ですね。
 メディアはいたずらに危機感を煽る様な報道、そして感染者を魔女狩りの様に報道するやり方には違和感を覚えます。 必要なのは、「正しい情報」を国民に伝える事。
水際防止は必要な措置であるけれども、全てを防ぎきることは不可能であることは皆承知しています。
だからこそ、早期発見・早期治療にシフトしている訳ですよね。
 マスコミは感染者を探し出す事に血眼になっていますが、そんな事をして見つけても氷山の一角でしかなく、かえってそこでしか発生していない様な印象を与えかねません。
 それよりも、水際では防ぎきれないことを念頭に、感染した方は感染を自覚して、その後の拡大を抑える様に個々人が気をつける事が重要なのでは? 
 その為にも、まずメディア自身が落ち着いて、体への危険性が従来のインフルエンザと変わらない事をきちっと説明して欲しいものです。



< その他、ご参考までに >

感染症診療の原則
研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点

http://blog.goo.ne.jp/idconsult

〜 以下部分的に引用 〜
便乗商売がかなり増えているようです(保健センターを名乗るなど)。要注意。
不必要なのに恐怖を煽って買わせる商品プロモーションが目に付きます。
スプレーを買え、体温計を買え、、、といろいろききますが、多いのはマスクですね。
保育園なども消毒剤や石鹸などの訪問販売被害に日々あっています。
〜 ここまで 〜

どうやら、便乗商法に注意した方が良さそうですねw

マスクの話はここで読めます。 NHKの情報だからと言っていつも正しいとは限りません。
http://blog.goo.ne.jp/idconsult/e/5fa28147ecbbedb58fddbf0e2ef668c8





知識のワクチン 新型インフルエンザ予防マニュアル
現代けんこう出版
岡田 晴恵

ユーザレビュー:
各家庭に一冊ずつ配布 ...
優れたマニュアル新型 ...
できるだけ多くの人に ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

【子供用】3M 1860S 耐水性 医療用 N95マスク
スリーエム

ユーザレビュー:
しっかりしたマスクカ ...
子供用のN95マスク ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
カナダ 豚インフルエンザ
【在庫有・即納・送料込】豚インフルエンザの影響で よく売れています!! 「新型インフルエンザ」対応・不織布マスク 4層構造サージカルタイプマスク「モースガード」(5枚×12パック) 60枚入り大人用(縦9.5センチ×横17.5センチ)商品価格:9,500円レビュー平均:4.43 新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)についてピーノの親族には、某有名病院の要職に就いている医師が居られます。(続きを読む) 豚インフルエンザwまさかの4夜連続(*´Д`)スカブーです。ってか、ついに日本.(続きを読... ...続きを見る
ニュース123
2009/05/10 09:55
新型インフルエンザ 首相自身の解説
 新型インフルエンザに関して、以前記事にも書きましたが、ピーノの親族に医師が居ますので、会った時に話を聞いています。政府発表の通りで、政府が何か隠しているという事は無い模様。対応は特に問題無し。  だから、今回の件に関して、まだ一部騒いでいるところがあるみたいですが、そろそろ落ち着いてもいい頃かと思います。 ...続きを見る
ピーノの独り言
2009/05/15 14:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)について ピーノの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる